YouTubeの基本報酬だけなくアフィリエイトに活用

この記事はプロモーションが含まれています。

国内におけるYouTube広告の市場規模は、2015年の33億円から2022年には579億円になるという試算があります。そして、Google は昨年末、国内の18~64歳の月間ユーザー数が6500万人以上と発表しています。ユーザーに表示されていた広告に応じて報酬が決定します。平均的な1再生あたりの報酬は0.1円と言われています。平均単価なので、0.1円よりもずっと高い単価のジャンルもありますし、反対に0.1円よりも安い単価のジャンルもあります。

YouTube の基本報酬

YouTube から広告収入を得るには、パートナープログラムに申請し、許可される必要があります。その条件が以下になります。

  • 直近12ヶ月の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 広告掲載に適したコンテンツであること

YouTuber の収入源である広告収入は、YouTube の場合、「Googleアドセンス」というGoogleが提供しているクリック報酬型広告から発生します。アドセンス広告の内容は、サイト閲覧者の検索履歴や、閲覧頻度の高いコンテンツなどを自動で解析し、その閲覧者が興味ありそうな広告が自動的に表示されるため、成果の出しやすい広告となっています。

YouTube の広告

YouTube における広告表示は主に3種類あります。

  • インストリーム広告
  • オーバーレイ広告
  • ディスプレイ広告

インストリーム広告

動画を再生すると最初や途中で30 ~ 60秒くらいの広告動画が流れます。クリックによる報酬だけでなく、スキップせずにすべて視聴してもらうことによっても報酬が発生します。

オーバーレイ広告

再生画面の中央下部に現れる長方形型のテキスト広告もアドセンス広告の1つです。クリックしてもらうことにより報酬が発生します。

ディスプレイ広告

再生画面右側のサイドバー、関連動画一覧の上に表示される広告です。ユーザーもこれが広告だと認知しているので、インストリーム広告やオーバーレイ広告に比べてクリック率はあまり高くありません。

YouTubeのアドセンス広告におけるクリック1回当たりの報酬は、平均10~40円といわれています。例えば、1ヶ月で50万円を稼ごうとする場合は、約1万7000回クリックされなければなりません。

スポンサーカード

スポンサーカード は動画で登場した商品を広告として表示させることができ、視聴者からの購入を獲得しやすいことがあげられます。

インストリーム広告動画視聴ごとに課金される(1再生あたり0.3円程~)
ディスカバリ―広告広告リンクを1クリックごとに課金される
バンパー広告1000回表示されるごとに課金される
アウトストリーム広告広告面積の5割以上が2秒以上表示されると課金される

YouTube の報酬の種類

YouTube の収益は再生数に応じて支払われる報酬を基本とし、視聴者の課金や企業とのタイアップなどもあります。一般的には再生回数や登録者数が報酬への王道と思われがちですが、高所得 YouTuber は広告の再生単価よりも、高額報酬で色々な報酬を得ています。稼ぐ仕組みは以下のように広告収益だけでなく、次のような6種類の方法があります。

  • 広告収入
  • スーパーチャット
  • メンバーシップ
  • 企業とのタイアップ動画
  • アフィリエイト
  • オリジナル商品販売

収益化したチャンネルの動画内に広告を表示させることができ、広告の再生数に応じて報酬を得ることができます。再生単価が0.1円と言われているのは、この広告収入のみを考えた場合です。再生単価は固定されているわけではなく、高額の購買行動が期待できる層への広告の場合1再生 0.5円~1円に対し若年層への広告は0.1円ということです。

インストリーム広告

インストリーム広告は動画の前中後の任意の箇所に運営者が表示させることができる広告です。5秒後にスキップすることができる広告は全てインストリーム広告になります。報酬が発生するのはスキップされずに30秒以上再生された場合か、クリックされた時になります。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告はYouTubeの検索画面や、関連動画の最上部などにバナーとして表示させることができる広告で、クリックされた場合のみ報酬を得ることができます。クリックされた場合のみ報酬が発生しますが、運営者側でコントロールすることはできません。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告はスマートフォンでのみ表示される広告で、広告の50%が2秒以上表示された場合にだけ報酬を得ることができます。運営者側で広告内容をコントロールすることはできません。

バンパー広告

バンパー広告はインストリーム広告とは異なり、スキップすることができない広告です。しかし、再生時間は6秒間と短く、動画の前中後に表示させることができます。報酬はバンパー広告が合計1000回再生されるごとに発生します。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は動画再生画面下部に表示されるバナー広告で、×ボタンを視聴者が選択しないと広告を消すことができません。また、×ボタンも非常に小さいのでユーザーから嫌われることもあります。

スーパーチャット

スーパーチャットはライブ配信を行って視聴者からの投げ銭によって稼ぐことができます。ライブ配信を視聴しているユーザーが最大5万円まで投げ銭(寄付)することができる機能です。ライブ配信が得意な方は通常の広告収入よりもスーパーチャットの投げ銭で稼ぐ方も存在します。

メンバーシップ

メンバーシップとは月額課金性のサブスクビジネスをYouTube上で簡単に始めることができるサービスで、登録者数が30000人以上かつ、18才以上の方が利用することができます。月額費用は自由に設定することができ、最低価格は490円となっています。また、運営者は売り上げの70%を得ることができます。

企業とのタイアップ動画

企業から動画内で紹介して欲しいと頼まれて、動画で紹介し、リンクに流すだけで報酬を得ることができます。報酬は案件のジャンルや登録者数によって変わります。登録者数が多く、たくさんのユーザーを誘導することができる方は1本の動画で100万円以上の案件を獲得することもあります。

アフィリエイト

掲載したリンクからランディングページに誘導して、成果が発生した場合に報酬を獲得することができます。動画の概要欄にリンクを掲載するのが一般的になってきています。ブログよりも声や表情で信頼を獲得して購入に繋げることが可能です。

オリジナル商品販売

オリジナル商品を販売すればマージンを取られることなく、全て自分の利益にすることができます。

YouTube 収益化条件

Youtube から広告収入を得るには、パートナープログラムに申請し、許可される必要があります。その条件とは以下のものです。

  • 直近12ヶ月の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 18歳以上であること
  • 広告掲載に適したコンテンツであること

特にチャンネル登録者数1,000人以上が壁になることも多いようです。ここで挫折される例もかなりあるようですね。

ここを乗り越えるには、こまめな動画の発信、コメントへの返事、動画のジャンルをスタトー時に入念に計画した方が良さそうです。

アフィリエイトを始める

基本的な仕組みはブログなどで広告主の商品を紹介し、その紹介された商品を消費者が購入することで成果報酬を得ることができます。これに対し、Google Adsenseは広告がクリックされると報酬を得られるクリック課金型になっています。

【アフィリエイトのタイプ】

アフィリエイトは2種類に分類されます。

【クリック型】広告がクリックされたら報酬が発生する(報酬額が低い)

【成果報酬型】広告の商品が購入されたら報酬が発生する(数千~とクリック型より高め)

アフィリエイトはインターネットを使った広告手法の1つです。手軽に始められるものですが、収益を上げるには簡単でないという側面を持っています。収益を上げるには仕組みややり方を理解したうえで行いましょう。

アフィリエイトに使えるテーマ

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

検索エンジンに最適化され、使いやすさを追及したテーマになっています。パッケージには、テーマ一式・会員限定サイトの利用権・無料バージョンアップ・インストール時の「安心メールサーポート」などがセットになっている「テーマ&サポートプラン」があり、初心者も安心して利用できます。

  • 開発・販売は、FIT
  • 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい 、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる 、アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載しているのが特徴です。
  • ブロガー 、メディア、オウンドメディア運営者等の用途

EmanonはWeb集客に必要な機能を搭載したビジネス用WordPressテーマです。企業サイトやビジネス用メディアブログなどの利用に適しています。

  • 株式会社イノ・コードより販売
  • 利用ユーザーは中小企業・士業・コンサルタント・個人事業主など
  • web集客に必要な機能を搭載しています
  • 用途としては、企業サイト・ビジネス用メディアブログなど

PV(ページビュー)の伸ばし方

サイトに人を呼び込む手段は今でも検索エンジンからの流入とSNSからの流入を得ることに大別されます。検索エンジンからの流入者は商品を買うことが目的の積極的なユーザーが多く、SNSは購入目的の人は少なめなのが特徴のようです。そのため、アフィリエイトの収益を高めるには、検索エンジンからの流入を増やすことSEO(検索エンジン最適化)を考慮しておくべきではないでしょうか。

アフィリエイトのSEOは特定のキーワードのみを上位表示させるのではなく、幅広いキーワードに対応しかつアクセスアップを常に繰り返すことが必要です。対応したキーワードのボリュームが少ないと流入の絶対数が限られクリックも低い結果を生み出すことになります。PV(ページビュー)の伸ばす手順の一つとして以下をご紹介しておきます。

  1. 記事化できるジャンルを決める
  2. 記事を読む人はどんな悩みを抱えているかを考える
  3. キーワードを見つける
  4. キーワードの方向性を意識し、悩みを解決する高品質な記事に仕上げる

コンテンツを作る時には以下の上位に表示されてサイトの傾向なども意識してみてはいかがでしょうか。

上位に表示されているサイトの傾向

  • 検索キーワードと関連性が強いページが評価されている
  • オリジナル性の高いページが評価されている
  • 効果的な更新を行っているページが評価されている
  • ドメインの力が強いページが評価されている

アフィリエイト収益を得るまでの流れ

  1. ASPで会員登録をします。
  2. 広告提携:自分の興味のある広告を探し提携します。広告により報酬金額が変わります。
  3. 広告掲載:興味のある広告が見つかったら自分のブログに広告を貼ります。
  4. 報酬発生:あなたが貼った広告を経由して商品が売れれば報酬が発生します。

登録時に入力する情報は大きく分けて以下の内容です。

  • 基本情報:IDやパスワードの他に住所等
  • メディア情報:広告を掲載するブログ等の情報
  • 口座情報:報酬を受け取る口座の情報

広告はただ貼るだけでは成約にならない

アフィリエイト広告を貼れば収益を得られるわけではありません。読者の関心を的確に想定し記事の内容と広告をマッチさせておかないと成約に至りづらいといえます。検索などでたどり着いたページにニーズあった情報があった場合、関心のない情報は無視するか、時には邪魔に感じてしまうこともあるでしょう。読者がこんな心理状態では商品ページに移動する可能性は非常に低いものになるでしょう。

アフィリエイトを始めて成果が出ないと以下の考えに陥ることがあるようです。

  • アフィリエイト広告が目立っていないからではないだろうか?
  • 広告を目立たせるように大きくしたり、無理に先頭部に張り付けてみる
  • 大量に広告を詰め込んでみる

このような考え方は、ほとんど効果がないといえます

■成約率を上げるには読者を見極め記事を書く

例えば、こんなことはありませんか?

  • ブログの読者が男性対象なのに女性向け商品の広告を掲載している。
  • 資格取得情報記事にアウトドア商品の広告を掲載している。

成約率を上げるには、読者 → 記事 → 広告掲載の商品 を一連の流れで捉えておくことです。

例えば、ブログを既に運営しているなら読者は想定されているかもしれません、また記事もある程度公開されているかもしれません。こんな時はそのページにやって来る読者が関心を持ちそうな商品を探して、広告コードを貼りつけて見ると良いでしょう。

実際に効果があるかどうかは、アクセスログにて、広告を貼りつけたページに流入があったか、ASP側のログで広告バナーがクリックされているかで確認できるでしょう。