コンテンツを見えにくくするアフィリエイト広告はGoogleに低品質とされる

コンテンツを見えにくくするアフィリエイト広告はGoogleに低品質とされる

検索エンジンを使って集客を考えるアフィリエイトの収益を増大させたいときに注意したいこと、それは広告そのものが低品質コンテンツの評価を受けていないかということです。収益化の為の広告が、集客を妨げることになってはせっかくの苦労も水の泡となってしまいます。

インタースティシャル広告なども低品質になることが

広告やサブコンテンツ、インタースティシャル広告、ダウンロードリンクなどサイトの所有者には利益があっても、訪問者の利益にならないものでメインコンテンツが見えなくなったり、ページが遮られてしたらユーザーは信頼できないと考えてしまいます。

Googleはメインコンテンツからユーザーをそらすように操ったり、強要したりする仕組みは信頼できない証拠で最低品質が妥当だとしています。

しかし、広告自体は健全な経済活動で、それだけで低品質とは捉えていないようです。つまり、メインコンテンツの閲覧を邪魔するコンテンツが良くないのです。

また、広告に限らず、ユーザーをだましたり、ユーザーを不適切に誘導する企みは低品質のサイトとみなされるようです。

Google 検索品質評価ガイドライン2021年10月19日改訂版(PDF版)

メインコンテンツの利用を遮りサイト運営者側だけのメリットなるような仕組みをとると最低品質とみなされてしまう。

用語解説  インタースティシャル広告

インタースティシャル広告とは、アプリとWebサイトのインタフェースにポップアップとして表示される広告のこと。

画面とページの切り替え・遷移時に自然なタイミングで表示される。インタースティシャル広告が表示されたとき、ユーザーは広告をタップあるいはクリックしてリンク先に飛ぶか、広告をクローズして元画面に戻るかを選べる。CTA(Call to Action)行動喚起と大きいサイズの画面の組み合わせでインタースティシャル広告がモバイル広告の特に効果的な形になった。

アフィリエイト広告は記事の内容とマッチさせる

アフィリエイト広告に関連する記事