Gutenberg(WordPressブロックエディタ)でブログカードを埋め込む方法

この記事はプロモーションが含まれています。

WordPressはデフォルトでサイト内のページをブログカードとして表示することができるようになっています。関連する記事などをURLを記述することで、カード形式で表示してくれます。

ブログカードを埋め込む

ブログカードを埋め込むには記事内のカードを表示させたいところに移動し段落を作成します。アイテムをすべて表示 → WordPressを選択します。

編集エリアに WordPress URL が表示されるので、表示したいページのURLを記述します。WordPressのブログカードはサイト内のコンテンツ(内部リンク)が対象になっています。外部サイトのURLでも表示されますが安定して表示されない場合もあります。

*段落に直接URLを記述しても同様の結果は得られます。

カードにはリンク先のページタイトル、ページの説明文、サイトアイコンとサイト名が表示されます。例では表示させていませんが、アイキャッチ画像を設定していればサムネとして右上に表示されます。ページの説明文はアイキャッチを表示をすると短くされてしまうこともあり、外部リンクを使用する場合は注意が必要です。また、リンク先を新しい窓で開く設定はできません。

ブログカードの配列

ブログカードを2カラムに配置し、横並びで表示することもできます。PCでは横に配列されますが、スマートフォンなどのデバイスでは左側のカードから縦に配列されます。そして、ページの説明文は短めになってしまいます。

ブログカードの注意点

  • カードの対象は自サイトの内部リンク
  • リンク先を新しい窓で開けない
  • 記事内に多数のカードを配置するとブログカードとして表示されないことがある
  • ページの説明文の長さは自動で調整される

WordPress有料テーマ

公式テーマは無料で利用できて魅力的なテーマが多いのですが、有料テーマはデザインや機能面に優れサポートも充実しているのが特徴です。10,000円~20,000円前後で入手することができ、WordPressを使ってビジネスをお考えの方にはこちらがおすすめになります。高機能で柔軟性の高い公式テーマはオリジナルなサイトを構築できますが、反面、初心者の方にはハードルが高いと言えます。できる限り簡単な操作でサイトをビジネスに活用されたいなら、有料テーマがおすすめです。

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

検索エンジンに最適化され、使いやすさを追及したテーマになっています。パッケージには、テーマ一式・会員限定サイトの利用権・無料バージョンアップ・インストール時の「安心メールサーポート」などがセットになっている「テーマ&サポートプラン」があり、初心者も安心して利用できます。

  • 開発・販売は、FIT
  • 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい 、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる 、アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載しているのが特徴です。
  • ブロガー 、メディア、オウンドメディア運営者等の用途

EmanonはWeb集客に必要な機能を搭載したビジネス用WordPressテーマです。企業サイトやビジネス用メディアブログなどの利用に適しています。

  • 株式会社イノ・コードより販売
  • 利用ユーザーは中小企業・士業・コンサルタント・個人事業主など
  • web集客に必要な機能を搭載しています
  • 用途としては、企業サイト・ビジネス用メディアブログなど