WEBサイトを収益化する

Webメディアは個人のブログから大手企業が運営するオウンドメディアまで、情報発信をする手段として当たり前のものになりました。すでにメディア運営をしている方はもちろん、収益を得るためにメディアの運営を検討している方は、どのような収益化モデルがあるのか、詳しく見ていきましょう。

アドセンスでWEBサイトを収益化

アドセンスは、運用中のWEBサイトから収益を得ることができるGoogleが提供するサービスです。コンテンツや訪問者に基づいて、関連する広告がサイトに表示されます。広告は、商品やサービスを宣伝する広告主によって作成され、費用が支払われます。広告の種類によって広告主が支払う金額が異なるので、得られる収益も異なります。

Google アドセンスに申し込むには最初に必要なものがあります。事前に準備しておきましょう。また、広告を掲載するWEBサイトやブログは申し込み後審査が行われます。通常1日程で審査が終了します。審査に合格しないと広告は表示されません。審査に不合格になるパターンとしては出稿者が不明瞭だとか連絡方法が記述されていないとかが多いようです。申請の前にチェックしましょう。

続きを読む


アドセンスに無効なトラフィック(アクセス)と判断された場合、広告配信が停止されることがあります。アドセンスの無効なトラフィックとは、費用やサイト運営者の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。平たくゆうと、マイサイトの広告をクリックし収益を上げようとすることや、意図的にページを何度も開くことです。広告をクリックすることは注意していれば防げるのですが、注意したいのは、広告が掲載されているページを自分で何度も表示させることで、クリックはしていなくても無駄にインプレッション(表示)を発生させていることです。サイトをWordPress等のCMSで運用していると修正の確認などで引き起こすことがあります。特に多くのページを一度に修正した場合修正の確認をしてしまいます。これが意図的なものがなくても無効なトラフィック(アクセス)と判断されてしまいます。

続きを読む

アフィリエイトでWEBサイトを収益化

アフィリエイトは企業の商品やサービスを自分のWEBサイトで紹介して、申し込みや契約に至ったら報酬が派生します。

商品を宣伝するアフィリエイターは、「ASP」と呼ばれるアフィリエイトサービス事業者に登録し、紹介したい商品の宣伝用URLを自分のサイトに配置します。そのURLをクリックしてリンク先の販売サイトから商品が購入されると、広告主からの報酬を「ASP」を経由して獲得できます。

アフィリエイト・サービス・プロバイダ Affiliate Service Provider(ASP)とは、インターネット上で商品やサービスを提供する ECサイトと、そのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトの間を取り持つ、 広告代理サービスを指します。ASPに登録することによって、広告主と直接契約しなくても、ブログやサイトに 広告を貼りつけることができるようになります。そして表示回数やクリック数、そのサイト経由での購入実績などの成果に応じて、広告を掲載したサイトに報酬が支払われることになります。

アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)とは

WEBサイトを収益化する手法

  1. アフィリエイトマーケティング
  2. デジタルプロダクトを作成して販売する
  3. 有料会員向けウェブサイトを作る
  4. 個人スポンサーを獲得する
  5. コンテンツの一部を有料化する
  6. 専門知識を有料化する
  7. ドロップシッピングを始める
  8. ソーシャルメディア運用代行

アフィリエイトマーケティングとは

アフィリエイトマーケティングとは、他社の製品を宣伝することです。誰かがあなたのアフィリエイトリンクを介して購入すると、コミッション(手数料)を受け取ることができます。あなたのWEBサイトはその製品を開発する企業の営業担当者となります。製品の販売を手伝うことで、企業から報酬を得るわけです。

アフィリエイトマーケティングの一番良いところは、大規模に展開できることです。一般的な営業担当者は、1つの会社に所属して、そこの製品だけ販売します。アフィリエイトマーケターとしてなら、あなたは多くの企業から出ている製品を宣伝し、それらのすべてからコミッションを稼ぐことも可能となります。

WEBサイトを収益化するWordPressのブログ

アフィリエイトの基本的な仕組みはサイトやブログなどで広告主の商品を紹介し、その紹介された商品を消費者が購入することで成果報酬を得ることができます。アフィリエイトはインターネットを使った広告手法の1つです。手軽に始められるものですが、収益を上げるには簡単でないという側面を持っています。収益を上げるには仕組みややり方を理解したうえでアフェリエイトを行いましょう。

アフィリエイトを始めるならWordPressのブログがおすすめ

WEBサイトの収益化に登録したいASP

WEBサイトの収益化に登録したいASP

afbは株式会社フォーイットが運営し登録サイト数91万以上のASPです。「afb」の特徴は、報酬支払いが、初心者でも報酬が受け取りやすい最低支払い額777円から、報酬は月末締めの翌月末のスピード支払いになっています。1つのID・パスワードで複数サイトを管理できる。セミナー等も定期的に開催されています。

続きを読む


WEBサイトの収益化に登録したいASP

A8.netのプログラムジャンルはWebサービスや金融・投資・保険等あります。サイトに適したプログラムを選択することが可能になっています。「A8.net」広告主は19000社以上、登録サイト数は2,500,000以上、また、初心者向けセミナー等が提供されています。

続きを読む


WEBサイトの収益化に登録したいASP

バリューコマースは70万を超えるサイトが登録する国内最大級のASP(サービスプロバイダー)です。広告の出稿実績は6,000社以上。広告主が提供する様々な商品やサービスを選択し、サイトやブログ上に広告を掲載することができます。もちろん参加は無料です。

続きを読む


WEBサイトの収益化に登録したいASP

JANetは、初心者でも簡単に始められる、アフィリエイト広告サービスです。ブログやサイトがあれば、誰でも無料で開始することができます。

続きを読む


WEBサイトの収益化に登録したいASP

AmazonアソシエイツはAmazonが提供する成果報酬型広告サービスです。画像への広告埋め込み機能やお手軽ウィジェットなど初心者にも嬉しい多彩なリンク作成機能が用意されています。紹介対象商品は5000万点以上! 携帯・スマホにも対応しています。

続きを読む


WEBサイトの収益化に登録したいASP

アクセストレードは2001年から10年以上の運営実績がある、アフィリエイトサービスの老舗です。注目サービスや流行商品などを紹介する特集も開催、広告選びに迷ったら参考になります。報酬は1,000円以上で支払われ振込み手数料は0円。

続きを読む

WEBサイトを収益化するのに代表的なものはやはりアドセンスやアフィリエイトと言えます。アドセンスやアフィリエイトでWEBサイトを収益化する為には、それぞれ特徴を理解し進めてゆくことが大切です。

MENU