Lightning(WordPressテーマ)のブログ機能を駆使したアフィリエイトの始め方

この記事はプロモーションが含まれています。

Lightningは株式会社ベクトルが無料で配布している公式テーマです。特徴は、今時のビジネス情報やブログを作る上で必要な機能を網羅、アフィリエイトの基本的な仕組みはサイトやブログなどで広告主の商品を紹介し、その紹介された商品を消費者が購入することで成果報酬を得ることができます。これに対し、Google Adsenseは広告がクリックされると報酬を得られるクリック課金型になっています。

Lightning

Screenshot of ja.wordpress.org

Lightning【wordpress.org】

WordPress.org Lightning
バージョン14.13.2
有効インストール60000+
WordPressバージョン5.6.0以上
Lightning

テーマカスタマイザー

「Lightning」のカスタマイザーの内容は以下のようになっています。カスタマイズ機能が豊富に用意されていて、テンプレートファイルをカスタマイズしなくてもよいほど充実しています。

サイト基本情報サイトのタイトル(WordPressで既に設定していれば変更の必要はなし
メニュー「Lightning」のメニューは以下の3つがデフォルト、位置はヘッダー部とフッター部の指定ができます。
  • HeaderNvigation
  • FooterNvigation
  • FooterSiteMap
ウィジェット「Lightning」のウィジェットは豊富に用意されていてテンプレートファイルのカスタマイズをしなくてもデフォルトで十分利用できます。
  • サイドバー(トップページ)
  • サイドバー(共通上部)
  • サイドバー(共通下部)
  • トップページコンテンツエリア上部
  • フッター上部
  • フッターウィジェットエリア1
  • フッターウィジェットエリア2
  • フッターウィジェットエリア3
「Lghtning」デザイン設定
  • デザインスキンよって簡単にデザインを変更できる
  • 280 × 60 のロゴ画像が使える
  • トップページを1カラムにする
  • トップページデフォルトの投稿リストや固定ページを表示しない
  • 投稿詳細ページで最終更新日を表示しない
  • 投稿詳細ページで投稿者名を表示しない
「Lightning」トップページスライドショー1900 × 600pxのスライド画像をスライドさせて表示することができる。
「Lightning」トップページ PR BlockトップページにPR したいページへのリンクと画像を簡単に設置できる。
Lightning のテーマカスタマイザー

WordPressテーマディレクトリのテーマは審査に適合しないと登録できないのでその点では安心して利用することができます。企業のサイトにも適したデザイン、コールツーアクションの実装、様々なニーズに対応できる公式テーマの一つといえるでしょう。

「Lightning」は株式会社ベクトルが無料で配布している公式WordPressテーマです。特徴は今時のビジネス情報ややブログを作る上で必要な機能を網羅、ビジネス情報でアフィリエイト商材を扱うのに適しています。

推奨プラグイン VK All in One Expansion Unit

WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

VK All in One Expansion Unitをインストールして有効化すると「Lightning」で以下のことができるようになります。

  • トップページにPR Blockを設置できる
  • ウィジェットエリアに会社情報やロゴを表示できる
  • 子ページを自動で一覧表示できる
  • お問い合わせ先情報を表示できる
  • コールツーアクションを一括挿入でき、ページごとに表示内容を変更できる

アフィリエイトを始める

基本的な仕組みはブログなどで広告主の商品を紹介し、その紹介された商品を消費者が購入することで成果報酬を得ることができます。これに対し、Google Adsenseは広告がクリックされると報酬を得られるクリック課金型になっています。

アフィリエイトのタイプ

アフィリエイトは2種類に分類されます。

【クリック型】広告がクリックされたら報酬が発生する(報酬額が低い)

【成果報酬型】広告の商品が購入されたら報酬が発生する(数千~とクリック型より高め)

アフィリエイトはインターネットを使った広告手法の1つです。手軽に始められるものですが、収益を上げるには簡単でないという側面を持っています。収益を上げるには仕組みややり方を理解したうえで行いましょう。

PV(ページビュー)の伸ばし方

サイトに人を呼び込む手段は今でも検索エンジンからの流入とSNSからの流入を得ることに大別されます。検索エンジンからの流入者は商品を買うことが目的の積極的なユーザーが多く、SNSは購入目的の人は少なめなのが特徴のようです。そのため、アフィリエイトの収益を高めるには、検索エンジンからの流入を増やすことSEO(検索エンジン最適化)を考慮しておくべきではないでしょうか。

アフィリエイトのSEOは特定のキーワードのみを上位表示させるのではなく、幅広いキーワードに対応しかつアクセスアップを常に繰り返すことが必要です。対応したキーワードのボリュームが少ないと流入の絶対数が限られクリックも低い結果を生み出すことになります。PV(ページビュー)の伸ばす手順の一つとして以下をご紹介しておきます。

  1. 記事化できるジャンルを決める
  2. 記事を読む人はどんな悩みを抱えているかを考える
  3. キーワードを見つける
  4. キーワードの方向性を意識し、悩みを解決する高品質な記事に仕上げる

コンテンツを作る時には以下の上位に表示されてサイトの傾向なども意識してみてはいかがでしょうか。

上位に表示されているサイトの傾向

  • 検索キーワードと関連性が強いページが評価されている
  • オリジナル性の高いページが評価されている
  • 効果的な更新を行っているページが評価されている
  • ドメインの力が強いページが評価されている

アフィリエイト収益を得るまでの流れ

  1. ASPで会員登録をします。
  2. 広告提携:自分の興味のある広告を探し提携します。広告により報酬金額が変わります。
  3. 広告掲載:興味のある広告が見つかったら自分のブログに広告を貼ります。
  4. 報酬発生:あなたが貼った広告を経由して商品が売れれば報酬が発生します。

登録時に入力する情報は大きく分けて以下の内容です。

  • 基本情報:IDやパスワードの他に住所等
  • メディア情報:広告を掲載するブログ等の情報
  • 口座情報:報酬を受け取る口座の情報

広告はただ貼るだけでは成約にならない

アフィリエイト広告を貼れば収益を得られるわけではありません。読者の関心を的確に想定し記事の内容と広告をマッチさせておかないと成約に至りづらいといえます。検索などでたどり着いたページにニーズあった情報があった場合、関心のない情報は無視するか、時には邪魔に感じてしまうこともあるでしょう。読者がこんな心理状態では商品ページに移動する可能性は非常に低いものになるでしょう。

アフィリエイトを始めて成果が出ないと以下の考えに陥ることがあるようです。

  • アフィリエイト広告が目立っていないからではないだろうか?
  • 広告を目立たせるように大きくしたり、無理に先頭部に張り付けてみる
  • 大量に広告を詰め込んでみる

このような考え方は、ほとんど効果がないといえます

■成約率を上げるには読者を見極め記事を書く

例えば、こんなことはありませんか?

  • ブログの読者が男性対象なのに女性向け商品の広告を掲載している。
  • 資格取得情報記事にアウトドア商品の広告を掲載している。

成約率を上げるには、読者 → 記事 → 広告掲載の商品 を一連の流れで捉えておくことです。

例えば、ブログを既に運営しているなら読者は想定されているかもしれません、また記事もある程度公開されているかもしれません。こんな時はそのページにやって来る読者が関心を持ちそうな商品を探して、広告コードを貼りつけて見ると良いでしょう。

実際に効果があるかどうかは、アクセスログにて、広告を貼りつけたページに流入があったか、ASP側のログで広告バナーがクリックされているかで確認できるでしょう。