Contextual Related Postsは機能豊富な関連記事を表示するWordPressプラグイン

この記事はプロモーションが含まれています。

Contextual Related Posts は、ウェブサイトやフィードに関連する投稿のリストを表示できます。リストは、タイトルの内容および投稿の内容に基づいており、より関連性が高く、読者の関心を引く可能性が高くなります。これにより、訪問者を維持し、直帰率を減らし、古い記事を更新できます。サムネイル、ショートコード、ウィジェット、カスタム投稿タイプ、および CSS スタイルをサポートする最も機能豊富な関連記事を表示してくれるプラグインです。

Contextual Related Posts

Screenshot of ja.wordpress.org

Contextual Related Posts

NameContextual Related Posts
Version3.4.2
Active installations70,000+
WordPress Version6.0
Test Version6.5.2
PHP Version7.4
Simple 301 Redirects

機能

関連記事の表示サイトとフィードに関連する投稿を自動的に表示し始めます。
手動インストール表示を手動で制御することができる
Gutenbergブロックエディターをサポート
ウィジェットウィジェットエリアに表示可能
ショートコードショートコードで任意の場所に表示可能
除外IDで記事を除外できる
Contextual Related Posts の機能

インストール

Contextual Related Posts をインストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加と進みます。そして、検索 → Contextual Related Posts で検索 → インストール → 有効化すれば利用できるようになります。

プラグインの注意点

プラグインの多用は表示速度やメンテナンス性などに影響を与えるので必要なものに留める方が良いようです。また、インストールするサーバ環境や干渉、テーマとのマッチングの問題も発生します。

プラグインとは機能を拡張するためのツールです。コアは、柔軟性を保つため、不必要なコードでふくれあがってしまわないように設計されています。ユーザーそれぞれが特定のニーズに合ったものを利用して、カスタム機能を取り入れられるように作られています。

WordPress Codex日本語版(公式オンラインマニュアル)

プラグインのメリット・デメリット

メリットデメリット
必要な機能を簡単に導入することができる数が多くなると、サイトが重くなる
管理画面だけで柔軟に対応できる数が多くなると、管理しきれなくなる
難易度の高いコーディングをしなくてすむ他と競合したり、バグがあったりするものもある
アップデートに伴い、アップデートがかかり、対応してくれるサポートが途中で終わるものもある
プラグイン導入のメリット・デメリット