WordPressプラグイン「AdSense Invalid Click Protector」アドセンス狩り対応

更新日:

AdSense Invalid Click Protectorは広告の無効なクリック、Google AdSenseアカウントを通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立ちます。規約に従い、Googleはこれらの無効なクリック操作やクリック爆弾に対して一切の責任を負わず、常にAdSense掲載者に責任を負わせます。広告配信の制限やアカウント停止・削除のリスクにさらされているのです。

AdSense Invalid Click Protector(WordPressプラグイン)

WordPressプラグイン「AdSense Invalid Click Protector」アドセンス狩り対応

AdSense Invalid Click Protector プラグイン・ディレクトリ

  • プラグインの名称「AdSense Invalid Click Protector」
  • できること「このプラグインは、同一ユーザーから指定した回数アドセンス広告がクリックされたらブロックしてくれます」
  • テーマディレクトリ
  • インストール数は10,000+
  • WordPress4.2以上が必要です
  • 5.2.5で検証されています
  • インストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 検索 → プラグイン名で検索 → インストール → 有効(プラグインのエラーが発生した時の回復方法

プラグイン「AdSense Invalid Click Protectorの使い方」

このプラグインは、同一ユーザーから指定した回数アドセンス広告がクリックされたらブロックしてくれます。誤ってクリックしてしまう自己クリックや「アドセンス狩り」と呼ばれる第三者による嫌がらせを回避することができるようになります。

管理画面・ダッシュボードから → AdSense Invalid Click Protectorと進み以下の項目をチェック・変更します。ほとんどの場合デフォルトで大丈夫です。

  • Set the Ad Click Limit(広告のクリック制限回数)
  • Click Counter cooke Expiration(cookeの有効期限)
  • Set the Visitor Ban Duration(禁止期間)

AdSenseの注意点

サイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり、違反してしまうと、場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

Adsenseでしてはいけないこと

  1. 自分で広告をクリックしてはいけない
  2. サービスの詳細を自分のブログなどで公開してはいけない
  3. 不適切なコンテンツへの掲載(タバコ・アルコール・ギャンブル・ヘルスケア等)
  4. しないといけないこと、AdSense狩りに備えておく

-AdSense
-

Copyright© アフィリエイト & アドセンス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.