Twenty Seventeen(WordPressテーマ)のマネタイズ

Twenty Seventeen トップページの概要
Twenty Seventeen

Twenty Seventeen は WordPress公式テーマディレクトリからアドセンスに利用できるテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。

Twenty Seventeen の概要

Twenty Seventeen はトップページは2カラム、固定ページをトップページに指定しない場合ページ先頭から more タグまでが抜粋表示されます。moreタグを記述しないとページ全体が抜粋されるので、記事公開時には注意が必要です。記事ページは1カラムで構成することもサイドメニューを配置することもできます。

WordPress.orgTwenty Seventeen
バージョン2.9
最終更新2022年5月24日
WordPressバージョン4.7以上
PHPバージョン5.2.4
2022年6月現在

Twenty Seventeen テーマディレクトリに移動

Twenty Seventeen のカスタマイザー

ダッシュボードからできるTwenty Seventeenのカスタマイズは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。カスタマイズの編集はダッシュボードより、「外観」→ 「カスタマイズ」と進みます。

サイト基本情報サイト基本情報では、「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を編集できます。「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を非表示にすることもできるようになっています。また、「サイトアイコン」もここで指定します。サイズは512 x 512 です。
色は「ライト」、「ダーク」、「カスタム」からセレクトできます。また、ヘッダーテキストの色もここで指定するようになっています。
ヘッダーメディア「ヘッダーメディア」には動画か画像を表示させることができます。動画を表示させるには.mp4型式のファイルを指定します、画像はアップロード後切り抜きフィットさせることが可能です。
メニューページ先頭部の「Heder Navigation」とソーシャルリンクメニューがカスタマイズできます。
テンプレートファイル一覧デフォルトのカスタマイズで足りない部分は以下のテンプレートファイルをカスタマイズすることになります。
  • index.php
  • 404.php
  • archive.php
  • comments.php
  • functions.php
  • header.php
  • page.php
  • serch.php
  • serchform.php
  • sidebar.php
  • single.php

Twenty Seventeen にアドセンスを掲載するまでの流れ

  1. ブログを作成する
  2. AdSenseに申請をする
  3. AdSenseから承認される
  4. 自動広告等掲載の設定をする

申請時の注意点としては、サイト内のコンテンツに誹謗中傷、政治的な記事、健康を取り扱った記事、発信者の情報が不明瞭である等のコンテンツがあると承認されないことがあります。

■アドセンスの注意点

アドセンスはGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり、違反してしまうと、場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

種類にも注意しましょう。自動広告でアドセンスにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → ユニットごとのタブで確認できます。

■アドセンスでしてはいけないこと

  1. 自分で広告をクリックしてはいけない
  2. サービスの詳細を自分のブログなどで公開してはいけない
  3. 不適切なコンテンツへの掲載(タバコ・アルコール・ギャンブル・ヘルスケア等)
  4. しないといけないこと、AdSense狩りに備えておく

■アドセンスの無効なトラフィック

Google AdSenseでは、『無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。』と定義されています。

自分でページを開くことはもちろん、友人や家族による閲覧も時には無効なトラフィックとされることがあるので注意が必要です。AdSenseに無効なトラフィックと判断されると広告掲載が停止されたり、アカウントが停止されてしまうことがあります。

AdSense規約違反の場合は警告が表示されたりしますが、自分のサイトをうっかり開きすぎたりしてしまったような軽度の場合には何も警告されないことが多いようです。このような場合には何もしなくても一定期間後に広告掲載が再開されます。

Twenty Seventeen にアドセンス審査コードを記述

Head, Footer and Post Injectionsはアドセンス 審査コードを貼りつけるプラグインです。AdSense審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとアップデート時に更新されてしまうこともあります。また、テーマを着せ替えたときに変更を忘れてしまうことも考えられます。Head, Footer and Post Injectionsを利用すればこの面倒な作業から解放されます。

>>続きを読む

◆AdSenseオート広告のメリット

  • 機械学習を使用して広告が自動的に最適化される
  • Googleに広告掲載の処理を任せ、利用規約に簡単に準拠
  • テキスト&ディスプレイ広告、インフィード広告、イン記事広告、一致コンテンツ、アンカー広告、ビネット広告を最適なタイミングで自動的に表示
  • Webサイトにすでに掲載されている広告コードは考慮されるため、競合は発生しない
  • ページレベルの広告は自動広告に移行されているため、ページレベルの広告で機能する

Twenty Seventeen にアドセンス狩りを保護するプラグイン

「AdSense Invalid Click Protector」はアドセンス狩りを保護するプラグインです。通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立ちます。規約に従い、Googleはこれらの無効なクリック操作やクリック爆弾に対して一切の責任を負わず、常にアドセンス掲載者に責任を負わせます。広告配信の制限やアカウント停止・削除のリスクにさらされているのです。

Twenty SeventeenはWordPress公式テーマディレクトリから利用できるテーマです。カスタマイズできるのは、「サイト基本情報」、「色」、「ヘッダーメディア」、「メニュー」、「ウィジェット」、「追加CSS」となっています。ウイジェットエリアは「ブログサイドバー」「フッター1」、「フッター2」となっています。

Twenty Seventeen のアドセンスに関連する記事

Twenty Seventeen にアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)を登録

アフィリエイト・サービス・プロバイダ Affiliate Service Provider(ASP)とは、インターネット上で商品やサービスを提供する ECサイトと、そのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトの間を取り持つ、 広告代理サービスを指します。ASPに登録することによって、広告主と直接契約しなくても、ブログやサイトに 貼りつけることができるようになります。そして表示回数やクリック数、そのサイト経由での購入実績などの成果に応じて、掲載したサイトに報酬が支払われることになります。

A8.net のプログラムジャンルはWebサービスや金融・投資・保険等あります。サイトに適したプログラムを選択することが可能になっています。広告主は19000社以上、登録サイト数は2,500,000以上、また、初心者向けセミナー等が提供されています。

>>続きを読む

afbは株式会社フォーイットが運営し登録サイト数91万以上です。特徴は、報酬支払いが、初心者でも報酬が受け取りやすい最低支払い額777円から、報酬は月末締めの翌月末のスピード支払いになっています。1つのID・パスワードで複数サイトを管理できる。セミナー等も定期的に開催されています。

>>続きを読む

JANetは、初心者でも簡単に始められる、アフィリエイトサービスです。ブログやサイトがあれば、誰でも無料で開始することができます。

>>続きを読む

AmazonアソシエイツはAmazonが提供する成果報酬型サービスです。画像への広告埋め込み機能やお手軽ウィジェットなど初心者にも嬉しい多彩なリンク作成機能が用意されています。紹介対象商品は5000万点以上! 携帯・スマホにも対応しています。

>>続きを読む

アクセストレードは2001年から10年以上の運営実績がある、アフィリエイトサービスの老舗です。注目サービスや流行商品などを紹介する特集も開催、迷ったら参考になります。報酬は1,000円以上で支払われ振込み手数料は0円。

>>続きを読む

バリューコマースは70万を超えるサイトが登録する国内最大級のASアフィリエイトサービスプロバイダーです。出稿実績は6,000社以上。広告主が提供する様々な商品やサービスを選択し、サイトやブログ上に掲載することができます。もちろん参加は無料です。

>>続きを読む

TCSアフィリエイトは、運営しているサイト/ブログ/メルマガと、広告を掲載して欲しい企業が提携をし、その広告効果に応じて報酬を得ることができるサービスです。TCS はブログやホームページを運営しているならだれでも簡単に始めることができます。

>>続きを読む

xmax(クロスマックス)は、広告主と優良なアフィリエイターが安心して利用できる次世代のクリーンアフィリエイトネットワークを目指し、アフィリエイト業界全体の価値向上と市場の拡大に貢献することをテーマにしています。

>>続きを読む

AFRo の特長は、楽しく気軽にできる広告サービス!有名ショップや今話題の商品まで、幅広いジャンルの広告を扱っています。登録は無料!ブログやサイトを持っていない方でも登録OK!初心者の方でも、気軽にアフィリエイトを始めることができます。

>>続きを読む

nend は、ゲームをはじめマンガ/グルメ/美容/人材など幅広いカテゴリの広告案件がそろっています。豊富な広告案件からアプリ・サイトと相性の良いものを自動的に選び出し、掲載されるようになっています。

>>続きを読む

GAMEFEAT はスマホアプリに特化した、国内最大級です。ゲームアプリに特化した国内最大級、主にスマートフォン向けアプリを紹介するアプリレビューサイトやゲーム攻略サイトの他、アプリを紹介しているブログ運営者及びアプリ開発者の広告収益源として利用されています。

>>続きを読む

FC2アフィリエイトは、自分でコンテンツを持っていなくても提携しているサイトの広告(リンク)を貼り、エンドユーザーがそのリンクをたどって提携サイトを訪れサービスを購入すると、その金額に応じて紹介者に報酬が支払われます。

>>続きを読む

infotop は、情報商材に特化したアフィリエイト・サービス・プロバイダです。情報商材・アフィリエイターの方であれば、ほとんどの方が利用していて、最も大手になります。※情報商材とはノウハウなどの有益な情報を、コンテンツとした商品です。

>>続きを読む

インフォカートには1回売り切りの情報コンテンツだけではなく、毎月課金される継続型サービスもアフィリエイトもあります。

>>続きを読む

楽天は、誰でもカンタン!商品を紹介してポイントを稼げる!日本最大級のサービスです。楽天グループの商品やサービスを紹介してポイントを獲得することができます。

>>続きを読む

バナーブリッジは広告がエンドユーザーの端末を識別して、それぞれの対応ページに自動で誘導、PCサイトにはPC用の広告タグを掲載、携帯サイトには携帯用の広告タグを掲載します。

>>続きを読む

アドバンスド アクティブ アフィリエイト はネットワーク稼動プログラム数が1,500以上、提携パートナー数が50,000以上、アドバンスド アクティブ アフィリエイト は携帯・PC向けともに多くの広告主・媒体者に利用されているようです。

>>続きを読む

サブライムストアは、株式会社サブライムが運営する商品の販売者とアフィリエイター(紹介者)、購入者に市場を提供するアフィリエイトサービスプロバイダです。

>>続きを読む

チャレンジングジャパン はECサイトとアフィリエイトサイトとの深い繋がりを生かしパイオニアを目指されています。チャレンジングジャパンでしか提携できないECサイトも多数あるようです。

>>続きを読む

イークリックは商品レビューを投稿し購買してもらうアフィリエイトスタイル。イークリックはいい商品を試し、口コミが書け、報酬が得られるアフィリエイトサービスプロバイダです。

>>続きを読む

リンクシェア・ジャパンは、国内の大手物販系サイト(EC)に強みを持つリンクシェアと金融の各種サービスの申込みや会員登録(リード)に強みを持つ TGアフィリエイトの2つのネットワークが提供されています。

>>続きを読む

アフィリエイト・サービス・プロバイダ とは

広告主とアフィリエイトを実施する人を繋ぎ、広告配信できる仕組みを提供するのが「ASP」の役割です。国内だけを見てみても、ASPには様々なサービスがあります。掲載できる広告商材や貰える報酬など、それぞれのサービスによって異なりますので、自分が使いやすいASPをじっくり選ぶ必要があるのです。

モール型のアフィリエイトAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトです。)どちらも日本を代表するショッピングサイトが提供するアフィリエイト。また、一般に広く普及しているサービスのため、既にアカウントを持っている人の数が多く、関心を持った訪問者が購入に踏み切りやすい点が特徴です。

アフィリエイトを始めるなら、ブログ形式が最適です。特にWordPressは検索エンジンで上位に表示されやすいことから、多くのアフィリエイトサイトで利用されています。

関連サイト

関連のページでは、アフィリエイトやアドセンス、WordPressを使ったWEBサイトの収益化の他にプラグインやテーマの導入やエラーの対処、また、収益化に重要なSEOのやり方や手法等もご案内しています。

WordPressの使い方

アドセンスやアフィリエイトをするときに、便利なWordPressのプラグインやテーマ(無料・有料・公式)などの導入方法や更新情報、エラーの対処などWordPressの使い方をご案内しています。

>>続きを読む

WordPressのSEO

アフィリエイトやアドセンスで収益を得ようとする方にWordPressのSEO情報をご案内しています。検索アルゴリズムの進化によってSEOは複雑に、かつWEBサイトの増加により難易度は高くなっています。

>>続きを読む