LightningでAdSenseを始める方法

Lightning

Lightningは株式会社ベクトルが無料で配布している公式テーマです。Lightningの特徴はテーマと同時開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」、今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。

WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

プラグイン:VK All in One Expansion Unit

VK All in One Expansion Unitをインストールして有効化するとLightningで以下のことができるようになります。

  • トップページにPR Blockを設置できる
  • ウィジェットエリアに会社情報やロゴを表示できる
  • 子ページを自動で一覧表示できる
  • お問い合わせ先情報を表示できる
  • コールツーアクションを一括挿入でき、ページごとに表示内容を変更できる

テーマカスタマイザー

Lightningのカスタマイザーの内容は以下のようになっています。カスタマイズ機能が豊富に用意されていて、テンプレートファイルをカスタマイズしなくてもよいほど充実しています。

サイト基本情報 サイトのタイトル(WordPressで既に設定していれば変更の必要はなし サイトのタイトルに迷ったら検索エンジンはサイトのテーマをどのように判断しているかをご覧ください。 キャッチフレーズ サイトアイコン 512 × 512pX
メニュー Lightningのメニューは以下の3つがデフォルト、位置はヘッダー部とフッター部の指定ができます。
  • HeaderNvigation
  • FooterNvigation
  • FooterSiteMap
ウィジェット Lightningのウィジェットは豊富に用意されていてテンプレートファイルのカスタマイズをしなくてもデフォルトで十分利用できます。
  • サイドバー(トップページ)
  • サイドバー(共通上部)
  • サイドバー(共通下部)
  • トップページコンテンツエリア上部
  • フッター上部
  • フッターウィジェットエリア1
  • フッターウィジェットエリア2
  • フッターウィジェットエリア3
Lghtningデザイン設定
  • デザインスキンよって簡単にデザインを変更できる
  • 280 × 60 のロゴ画像が使える
  • トップページを1カラムにする
  • トップページデフォルトの投稿リストや固定ページを表示しない
  • 投稿詳細ページで最終更新日を表示しない
  • 投稿詳細ページで投稿者名を表示しない
Lightningトップページスライドショー 1900 × 600pxのスライド画像をスライドさせて表示することができる。
Lightningトップページ PR Block トップページにPR したいページへのリンクと画像を簡単に設置できる。

LightningはBizVektorの後継

LightningはBizVektorの後継となるテーマです。上の画像がLightning、下の画像がBizVektorになっています。BizVektorは利用されている企業も多いようですが、Lightningに乗り換えるには手直しの必要もあります。Lightningで制作したものにBizVektorを有効化したもので、メインイメージやウィジェットは修正が必要になります。

BizVektor

Lightningは日本国内のWordPress制作企業が配布しているWordPressテーマです。細部まで日本語に適した作りになっているので企業や個人事業のビジネス適したWEBサイトにすることができます。

Google AdSense

Google AdsenseはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。そして、Googleが提供する広告管理・運用サービスのことです。Google Adsenseを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり違反してしまうと場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でAdsenseにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → 広告ユニットごとのタブで確認できます。

関連記事

AdSenseを掲載することができる無料ブログサービス

アフィリエイトで収益化を考えるとき、ブログサービスの利用も手段の一つになってきます。しかし、アフィリエイトそのものが禁止されているものや、制限がかかっているサービスも多くあります。

ポリシー違反を回避するGoogle Publisher Toolbar

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。

AdSenseの広告配信の停止・制限への対処方法

AdSenseに無効なトラフィック(アクセス)と判断された場合、広告配信が停止されることがあります。

Google AdSense 審査の申し込み方法

Google AdSensの申し込み方(法人の場合)です。Google AdSensを申し込むには最初に必要なものがあります。