FC2ブログはアフィリエイトができるブログサービス

この記事はプロモーションが含まれています。

FC2ブログ(ブログサービス)

FC2ブログはアドセンス広告を貼り付けることができるブログサービスです。Googleアドセンスの広告を掲載しても問題ありません。しかし注意しないといけないのは、「広告の掲載のみを目的としたブログ」は規約違反となっています。全記事で商品を紹介したりするなど、過度な広告掲載は削除対象となってしまうので注意が必要です。

Screenshot of blog.fc2.com

FC2ブログ【ブログサービス】

広告をFC2ブログに掲載するには独自ドメインを取得したほうが良いようです。他のFC2サブドメインでポリシー違反がある場合サイト全体に適用され、広告制限が入ってしまいます。

以前はFC2ブログでアドセンスの審査に出してしまうと、収益の20%をアドセンス側に徴収されてしまう仕様でしたが、今では手数料も発生しないので安心して運営することができます。ただし、「広告の掲載のみを目的としたブログ」は規約違反となっています。全記事で商品を紹介していたりするなど、過度なプロモーションブログは削除対象となってしまうので注意が必要です。

ブログサービス名FC2ブログ
運営会社FC2, Inc.
アフィリエイト
アドセンス
FC2アフィリエイトの登録新規登録(ページに移動)
FC2ブログの概要

ブログの作り方

アフィリエイトを開始するにはまずブログを作っておく必要があります。このとき、これからどんなブログにしていくのか、どんな商材を取り扱うのかを想定しておく方が後々運営にブレがでなくて好ましいでしょう。

  1. 売れ筋の商材を探し出す。売れていない商品を制約させるのは難易度が高いといえます
  2. 集客の手法を決める。(SEOを利用する方法は難易度も高いし時間も必要、Twitterなどによる集客も手段の一つです)
  3. ブログを作る
  4. ブログのコンテンツに関心をもつユーザーの商材を扱うアフィリエイトサービスプロバイダを探す
  5. アフィリエイトサービスプロバイダに広告掲載審査を申し込む
  6. 承認されたら広告を掲載する

ブログサービスにはそれぞれの魅力があります。例えば、はてなブログは「はてなブックマーク」「はてなブロググループ」など、ユーザー同士の交流を促すサービスが多く、独自のコミュニティーを形成しています。こういったサービスを活用すれば、検索流入が少ないブログの立ち上げ当初でも一定のアクセスを集められます。

ブログのPV(ページビュー)の伸ばし方

ブログに呼び込む手段は、検索エンジンからの流入とSNSからの流入を得ることに大別されます。検索エンジンからの流入者は商品を買うことが目的の積極的なユーザーが多く、SNSは購入目的の人は少なめなのが特徴のようです。そのため、アフィリエイトの収益を高めるには、検索エンジンからの流入を増やすこと、SEO(検索エンジン最適化)を考慮しておくべきではないでしょうか。

アフィリエイトのSEOは特定のキーワードのみを上位表示させるのではなく、幅広いキーワードに対応しかつアクセスアップを常に繰り返すことが必要です。対応したキーワードのボリュームが少ないと流入の絶対数が限られクリックも低い結果を生み出すことになります。PV(ページビュー)の伸ばす手順の一つとして以下をご紹介しておきます。

  1. 記事化できるジャンルを決める
  2. 記事を読む人はどんな悩みを抱えているかを考える
  3. キーワードを見つける
  4. キーワードの方向性を意識し、悩みを解決する高品質な記事に仕上げる

コンテンツを作る時には、以下の上位に表示されているサイトの傾向なども意識してみてはいかがでしょうか。

★ 検索キーワードと関連性が強いページが評価されている
★ オリジナル性の高いページが評価されている
★ 効果的な更新を行っているページが評価されている
★ ドメインの力が強いページが評価されている

無料ブログのデメリット

アフィリエイトにできるだけコストをかけたくないならブログサービスの利用も考えられます。しかし、無料サービスの場合広告が表示されたり、有料版でないと、利用できる機能に制限もあったりします。

  • ブログサービス側の広告が表示されてしまう
  • アフィリエイト利用に制限があり、アカウント削除の可能性あり
  • ブログサービスが終了してしまうかもしれない

ブログを使ってアフィリエイトを考える場合、無料ブログはコストがかからないといったメリットは魅力的ですが、デメリットも存在します。やはり、長期的に見ればWordPress等のCMSがおすすめということになります。このとき、WordPress有料テーマがデザインや機能面に優れサポートも充実しているのが特徴です。10,000円~20,000円前後で入手することができ、WordPressを使ってアフィリエイトをお考えの方にはこちらがおすすめになります。

【PR】

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

検索エンジンに最適化され、使いやすさを追及したテーマになっています。パッケージには、テーマ一式・会員限定サイトの利用権・無料バージョンアップ・インストール時の「安心メールサーポート」などがセットになっている「テーマ&サポートプラン」があり、初心者も安心して利用できます。

  • 開発・販売は、FIT
  • 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい 、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる 、アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載しているのが特徴です。
  • ブロガー 、メディア、オウンドメディア運営者等の用途

EmanonはWeb集客に必要な機能を搭載したビジネス用WordPressテーマです。企業サイトやビジネス用メディアブログなどの利用に適しています。

  • 株式会社イノ・コードより販売
  • 利用ユーザーは中小企業・士業・コンサルタント・個人事業主など
  • web集客に必要な機能を搭載しています
  • 用途としては、企業サイト・ビジネス用メディアブログなど

アフィリエイトを始める

  1. ブログのコンテンツに関心をもつユーザーの商材を扱うアフィリエイト・サービス・プロバイダを探す
  2. アフィリエイトサービスプロバイダに広告掲載審査を申し込む
  3. 承認されたら広告を掲載する

アフィリエイトの収益はサイトにどれくらいのアクセスが必要なのでしょうか。クリック率によっても異なってきますが下記表は目安になるのではないでしょうか。

PV(ページビュー)収益
1万~1,000円
5万3,000 ~ 10,000円
10万10,000 ~ 50,000円
20万50,000 ~ 100,000円
30万100,000 ~ 150,000円
40万150,000 ~ 200,000円
50万200,000 ~ 250,000円
100万500,000 ~ 750,000円
150万750,000 ~ 1,250,000円
200万1,000,000 ~ 2,500,000円
250万2,000,000 ~ 3,000,000円
アフィリエイト収益

アフィリエイトで一定の収益を得るためには最低でも 3万PV ぐらいは欲しいものです。あとはアフェリエイト商材を選ぶこと報酬高目の方が良いですね。

クレジットカード等10,000円前後(報酬高め)
Amazonアソシエイツ~ 10%(報酬低め)
健康食品1,500 ~ 6,000円
無料会員登録(ポイントサイト等)2,000 ~ 2,500円前後
アフィリエイト収益

ブログでアフィリエイトの成約率を上げるには

広告を掲載しているのに成約に結びつかないのは原因があります。例えば、こんなことはありませんか?

  • ブログの読者が男性対象なのに女性向け商品の広告を掲載している。
  • 資格取得情報記事にアウトドア商品の広告を掲載している。

成約率を上げるには、読者 → 記事 → 広告掲載の商品 を一連の流れで捉えておくことです。

ブログを既に運営しているなら読者は想定されているかもしれません、また記事もある程度公開されているかもしれません。こんな時は、そのページにやって来る読者が関心を持ちそうな商品を探して、広告コードを貼りつけて見ると良いでしょう。

実際に効果があるかどうかは、アクセスログにて、広告を貼りつけたページに流入があったか、ASP側のログで広告バナーがクリックされているかで確認できるでしょう。

アフィリエイトで注意したいこと

記事の内容は誇大広告などに注意しましょう。誇大広告とは、次のような無責任な宣伝方法です。

  • 製品を使っていないにもかかわらず体験レビューを掲載する
  • 根拠のないクチコミサイトや人気ランキングサイトの運営する
  • 「100%」「絶対」「必ず」といった誇大広告とともに商品やサービスを紹介する

これらのような誇大広告は、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)で禁止されています。また、記事を書く場合に次の点は十分注意しておきましょう。

  • 著作権違反
  • 公序良俗違反/権利侵害
  • 誇大広告や虚偽広告

始める前に、禁止事項についてしっかりと確認しておきましょう。禁止事項はASPによって違いますが、ASPでも共通して守らなければいけない項目も多くあります。