日本最大級の楽天のアフィリエイトの始め方

楽天は、誰でもカンタン!商品を紹介してポイントを稼げる!日本最大級のサービスです。楽天グループの商品やサービスを紹介してポイントを獲得することができます。

楽天(アフィリエイトサービスプロバイダ)

Screenshot of affiliate.rakuten.co.jp

楽天

ASP名称楽天
付帯情報楽天株式会社 (英文社名: Rakuten, Inc.)
楽天アフィリエイト総合窓口
楽天 の概要

楽天の特徴

  • 楽天グループ約2億商品から選ぶ(商品を選んで紹介リンクを作り自サイトに貼りつける)
  • 報酬獲得の料率は2% ~8%
  • 報酬は楽天ポイントで1ポイントから(毎月5000ポイント以上なら現金可)

楽天 アフィリエイトとは

  1. 楽天会員なら住所や名前の再登録は不要
  2. 報酬は1円(楽天キャッシュ)から貰える。銀行口座の登録も必要なし
  3. サイトによっては数日かかる審査も不要今すぐ始められる

「楽天」はブログを持っていなくても以下のサービスでアフィリエイトができます。

  • アメブロ
  • Twitter
  • メール
  • Line
  • 楽天Room
  • Instagram
  • FaceBook
  • YuTube

「楽天」は、誰でもカンタン!商品を紹介してポイントを稼げる!日本最大級のサービスです。楽天グループの商品やサービスを紹介してポイントを獲得することができます。

アフィリエイトを始める

基本的な仕組みはブログなどで広告主の商品を紹介し、その紹介された商品を消費者が購入することで成果報酬を得ることができます。これに対し、Google Adsenseは広告がクリックされると報酬を得られるクリック課金型になっています。

【アフィリエイトのタイプ】

アフィリエイトは2種類に分類されます。

【クリック型】広告がクリックされたら報酬が発生する(報酬額が低い)

【成果報酬型】広告の商品が購入されたら報酬が発生する(数千~とクリック型より高め)

アフィリエイトはインターネットを使った広告手法の1つです。手軽に始められるものですが、収益を上げるには簡単でないという側面を持っています。収益を上げるには仕組みややり方を理解したうえで行いましょう。

アフィリエイトに使えるテーマ

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」が搭載されています。

開発・販売フィット株式会社
特徴■ランキングサイト・口コミサイトなどが簡単に作れる
■おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
用途■ブロガー
■メディア
■オウンドメディア

ブログを作る

収益を上げるためにアフィリエイトを開始するには、まずブログを作っておく必要があります。このとき、これからどんなブログにしていくのか、どんな商材を取り扱うのかを想定しておく方が後々PV(ページビュー)を伸ばすためにブレがでなくて好ましいでしょう。

  1. ドメインとレンタルサーバーを用意する。(レンタルサーバーは表示スピードやバックアップ機能がある方が望ましい。)
  2. 売れ筋の商材を探し出す。売れていない商品を制約させるのは難易度が高いといえる
  3. 集客の手法を決める。(SEOを利用する方法は難易度も高いし時間も必要、Twitterなどによる集客も手段の一つ)
  4. ブログを作る
  5. サイトやブログのコンテンツに関心をもつユーザーの商材を扱うアフィリエイトサービスプロバイダを探す
  6. アフィリエイトサービスプロバイダに広告掲載審査を申し込む
  7. 承認されたら広告を掲載する

アフィリエイトで稼ぐためには、記事を書くだけでは収入にはつながらないと言えます。最低でも以下の点については決めてからアフィリエイトを始めるようにしましょう。

  • 得意とするジャンルの情報を発信する
  • 報酬が高いプログラムが多い分野を選ぶ
  • 専門性の高い外注先を確保・活用する
  • SEOやリスティングなど集客を計画する

PV(ページビュー)の伸ばし方

サイトに人を呼び込む手段は今でも検索エンジンからの流入とSNSからの流入を得ることに大別されます。検索エンジンからの流入者は商品を買うことが目的の積極的なユーザーが多く、SNSは購入目的の人は少なめなのが特徴のようです。そのため、アフィリエイトの収益を高めるには、検索エンジンからの流入を増やすことSEO(検索エンジン最適化)を考慮しておくべきではないでしょうか。

アフィリエイトのSEOは特定のキーワードのみを上位表示させるのではなく、幅広いキーワードに対応しかつアクセスアップを常に繰り返すことが必要です。対応したキーワードのボリュームが少ないと流入の絶対数が限られクリックも低い結果を生み出すことになります。PV(ページビュー)の伸ばす手順の一つとして以下をご紹介しておきます。

  1. 記事化できるジャンルを決める
  2. 記事を読む人はどんな悩みを抱えているかを考える
  3. キーワードを見つける
  4. キーワードの方向性を意識し、悩みを解決する高品質な記事に仕上げる

コンテンツを作る時には以下の上位に表示されてサイトの傾向なども意識してみてはいかがでしょうか。

上位に表示されているサイトの傾向

  • 検索キーワードと関連性が強いページが評価されている
  • オリジナル性の高いページが評価されている
  • 効果的な更新を行っているページが評価されている
  • ドメインの力が強いページが評価されている

アフィリエイト収益を得るまでの流れ

  1. ASPで会員登録をします。
  2. 広告提携:自分の興味のある広告を探し提携します。広告により報酬金額が変わります。
  3. 広告掲載:興味のある広告が見つかったら自分のブログに広告を貼ります。
  4. 報酬発生:あなたが貼った広告を経由して商品が売れれば報酬が発生します。

登録時に入力する情報は大きく分けて以下の内容です。

  • 基本情報:IDやパスワードの他に住所等
  • メディア情報:広告を掲載するブログ等の情報
  • 口座情報:報酬を受け取る口座の情報

アフィリエイトで収益を上げるには

アフィリエイトとGoogleアドセンスの最も大きな違いは、 「アフィリエイトは報酬発生までの難易度は高いが単価が高い」、 「Googleアドセンスはクリックしてもらうだけで報酬が発生するので難易度は低いが単価は安い」ことを理解しておいてください。

では、アフィリエイトの収益はどれくらいのアクセスが必要なのでしょうか。クリック率によっても異なってきますが下記表は目安になるのではないでしょうか。

PV(ページビュー)収益
1万~1,000円
5万3,000 ~ 10,000円
10万10,000 ~ 50,000円
20万50,000 ~ 100,000円
30万100,000 ~ 150,000円
40万150,000 ~ 200,000円
50万200,000 ~ 250,000円
アフィリエイトで収益を上げるには

上記のように収益を得るためには最低でも1万PVは必要と言えます。PVが増加したからといって自然に収益が上がるわけではなく、ロングテールSEOによる記事を書くことも必要です。集客できるようになったらアフェリエイト商材の記事に誘導できる仕組みを作り上げましょう。あとは商材を選ぶこと、報酬高目の方が良いですね。

クレジットカード等10,000円前後(報酬高め)
Amazonアソシエイツ~ 10%(報酬低め)
健康食品1,500 ~ 6,000円
無料会員登録(ポイントサイト等)2,000 ~ 2,500円前後
アフィリエイトで収益を上げるには

【アフィリエイト・サービス・プロバイダとは】

広告主とアフィリエイトを実施する人(あなた)を繋ぎ、広告配信できる仕組みを提供するのが「ASP」の役割です。国内だけを見てみても、ASPには様々なサービスがあります。掲載できる広告商材や貰える報酬など、それぞれのサービスによって異なりますので、自分が使いやすいASPをじっくり選ぶ必要があるのです。

おすすめは、モール型のアフィリエイト(Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトです。)どちらも日本を代表するショッピングサイトが提供するアフィリエイト。また、一般に広く普及しているサービスのため、既にアカウントを持っている人の数が多く、関心を持った訪問者が購入に踏み切りやすい点が特徴です。

アフィリエイトで注意したいこと

記事の内容は誇大広告などに注意しましょう。誇大広告とは、次のような無責任な宣伝方法です。

  • 製品を使っていないにもかかわらず体験レビューを掲載する
  • 根拠のないクチコミサイトや人気ランキングサイトの運営する
  • 「100%」「絶対」「必ず」といった誇大広告とともに商品やサービスを紹介する

これらのような誇大広告は、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)で禁止されています。また、記事を書く場合に次の点は十分注意しておきましょう。

  • 著作権違反
  • 公序良俗違反/権利侵害
  • 誇大広告や虚偽広告

始める前に、禁止事項についてしっかりと確認しておきましょう。禁止事項はASPによって違いますが、ASPでも共通して守らなければいけない項目も多くあります。

記事ごとに広告を貼り付ける

アフィリエイト広告を記事に貼り付けるには、記事のどこかに「カスタムHTML」ブロックを使ってアフェリエイトプロバイダーが用意している、画像やテキストバナーをコピー&ペーストします。このとき注意しないといけないのは、ソースコードを改変しないこと、せっかくクリックされてもコードが改変されたり、正しくコピーされていないとカウントされないといったことが発生します。(その他広告商品ごとに注意点があるのでよく確認すること。)

この方法の問題点は、貼り付け作業に時間がかかることと、広告の管理が困難になること。広告によっては途中でスポンサーが広告の掲載を中止してしまうことがあります。この場合サイト内にある広告を削除しなければならないので、サイト内のページが多いと、結構大変な作業になります。

バナーには画像のものとテキストのものがあります、どちらもクリックされることでスポンサーサイトに移動するものです。画像は目につきやすいのでクリックされやすいととらえがちですが、昨今は広告ブロック搭載のブラウザ(特にスマートフォンなど)が利用されバナーが表示されないことも多くなってきました。テキストバナーは情報系のコンテンツでは、文章の中に溶け込ますことが可能なので、意外と思う方もいるかもしれませんがクリックされることが多くなります。(テキストは表示されているが、クリックされても移動がブロックされるケースもあります。)

WordPressには広告を効率よく掲載できる機能やプラグインがあるので、こちらを利用されるとよいでしょう。また有料テーマにはあらかじめ広告機能が用意されているものも多いのでおすすめになります。

再利用ブロックを利用して広告を貼り付ける

WordPressのデフォルトエディタ Gutenberg には指定したブロックを簡単に記事に貼り付けることができるようになっています。記事を書いているとサイト内の他の記事の一部分と同じような内容ができることがあります。こんなとき再利用したいブロックとして指定しておけばクリックするだけでページに貼り付けることができます。

アフィリエイトなどで広告バナーをサイト内に複数掲載している場合などにも、再利用ブロックは大いに利用価値があります。再利用ブロックは利用元の内容を変更すると、記事内貼り付けた利用ブロックも同時に変更されます。広告を入れ替えれば、サイト内の広告が自動的に置き換えられます。

■再利用ブロックを指定する

Shift + 右クリックで再利用したい範囲を設定します。文字だけでなく、画像なども含めて指定することができます。続いてメニューのOptionから「再利用ブロックに追加」をクリックします。

■広告を記事に貼り付ける

再利用ブロックを記事に貼り付けるには、ブロックを登録していれば、再利用可能タブが表示されるので、タブをクリックして登録しているブロックをクリックします。

■再利用ブロックを管理

再利用ブロックを編集したり、削除したければ、画面右上のオプション・再利用ブロックを管理を選択します。投稿一覧のような画面が表示されるので編集したいブロックをえらびます。ここで編集した内容は貼り付けているブロックすべてに適応され変種後の内容がページに表示されます。編集内容を反映させないようにするには、そのページで「通常ブロックに変換」しておきましょう。