Affiliate Service Provider アフィリエイトサービスプロバイダ一覧

Affiliate Service Provider(ASP)とは、インターネット上で商品やサービスを提供する ECサイトと、そのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトの間を取り持つ、 広告代理サービスを指します。ASPに登録することによって、広告主と直接契約しなくても、ブログやサイトに 広告を貼りつけることができるようになります。そして表示回数やクリック数、そのサイト経由での購入実績などの成果に応じて、広告を掲載したサイトに報酬が支払われることになります。

“Affiliate Service Provider アフィリエイトサービスプロバイダ一覧” の続きを読む

Yaplog!(無料ブログサービス)をAdSenseやアフィリエイトで収益化

ネットメディアや各種デジタルコンテンツの事業を行うGMOメディア株式会社が手掛けるブログサービスです。 GMOメディアはteacupと呼ばれる電子掲示板レンタルサービスなど古くから知られたサービスを提供していました。2020年1月31日でサービスは終了され、新規開設もできなくなっています。

“Yaplog!(無料ブログサービス)をAdSenseやアフィリエイトで収益化” の続きを読む

Yuuta(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Yuutaは、きれいなビジュアル日記として機能するように設計されています。すべてのポストフォーマットのサポートにより、かなり多様化したブログを作成することができます。カスタマイズやウイジェトがシンプルなものですから、比較的短時間でアフィリエイトサイトを立ち上げることができるのではないでしょうか。

“Yuuta(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る” の続きを読む

AdSenseのポリシー違反を回避するGoogle Publisher Toolbar

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。これを回避するには、「Google Publisher Toolbar」を利用することです。確認のためにマイサイト表示しても、広告をクリックしてもポリシー違反とはならず、広告のリンク先を確認することができるようになります。

“AdSenseのポリシー違反を回避するGoogle Publisher Toolbar” の続きを読む

無効なトラフィックによってAdSenseの広告配信の停止・制限への対処方法

AdSenseに無効なトラフィック(アクセス)と判断された場合、広告配信が停止されることがあります。無効なトラフィックとは、費用やサイト運営者の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。平たくゆうと、マイサイトの広告をクリックし収益を上げようとすることや、意図的にページを何度も開くことです。広告をクリックすることは注意していれば防げるのですが、注意したいのは、広告が掲載されているページを自分で何度も表示させることで、クリックはしていなくても無駄にインプレッション(表示)を発生させていることです。サイトをWordPress等のCMSで運用していると修正の確認などで引き起こすことがあります。特に多くのページを一度に修正した場合修正の確認をしてしまいます。これが意図的なものがなくても無効なトラフィック(アクセス)と判断されてしまいます。

“無効なトラフィックによってAdSenseの広告配信の停止・制限への対処方法” の続きを読む