Lightning(WordPressテーマ)で企業用ホームページを作成

Lightningは株式会社ベクトルが無料で配布している公式テーマです。Lightningの特徴はテーマと同時開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」、今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。

Lightning


WordPress標準では「投稿」「固定ページ」の2系統しか使えませんが、ExUnitの機能を使えば簡単に他の投稿系統(カスタム投稿タイプ)を増やせます。その場合もタイトルタグやパンくずリストなどは自動的に最適化され、更に各投稿タイプ用のサイドバーウィジェットエリアが自動で追加されるなどの機能を備えているので、投稿タイプに応じて自分でテンプレートファイルを作成しなくてもそのまま利用できます。

プラグイン:VK All in One Expansion Unit

VK All in One Expansion Unitをインストールして有効化するとLightningで以下のことができるようになります。

  • トップページにPR Blockを設置できる
  • ウィジェットエリアに会社情報やロゴを表示できる
  • 子ページを自動で一覧表示できる
  • お問い合わせ先情報を表示できる
  • コールツーアクションを一括挿入でき、ページごとに表示内容を変更できる

テーマカスタマイザー

Lightningのカスタマイザーの内容は以下のようになっています。カスタマイズ機能が豊富に用意されていて、テンプレートファイルをカスタマイズしなくてもよいほど充実しています。

サイト基本情報 サイトのタイトル(WordPressで既に設定していれば変更の必要はなし
サイトのタイトルに迷ったら検索エンジンはサイトのテーマをどのように判断しているかをご覧ください。
キャッチフレーズ
サイトアイコン 512 × 512pX
メニュー Lightningのメニューは以下の3つがデフォルト、位置はヘッダー部とフッター部の指定ができます。

  • HeaderNvigation
  • FooterNvigation
  • FooterSiteMap
ウィジェット Lightningのウィジェットは豊富に用意されていてテンプレートファイルのカスタマイズをしなくてもデフォルトで十分利用できます。

  • サイドバー(トップページ)
  • サイドバー(共通上部)
  • サイドバー(共通下部)
  • トップページコンテンツエリア上部
  • フッター上部
  • フッターウィジェットエリア1
  • フッターウィジェットエリア2
  • フッターウィジェットエリア3
Lghtningデザイン設定
  • デザインスキンよって簡単にデザインを変更できる
  • 280 × 60 のロゴ画像が使える
  • トップページを1カラムにする
  • トップページデフォルトの投稿リストや固定ページを表示しない
  • 投稿詳細ページで最終更新日を表示しない
  • 投稿詳細ページで投稿者名を表示しない
Lightningトップページスライドショー 1900 × 600pxのスライド画像をスライドさせて表示することができる。
Lightningトップページ PR Block トップページにPR したいページへのリンクと画像を簡単に設置できる。

LightningはBizVektorの後継

LightningはBizVektorの後継となるテーマです。上の画像がLightning、下の画像がBizVektorになっています。BizVektorは利用されている企業も多いようですが、Lightningに乗り換えるには手直しの必要もあります。Lightningで制作したものにBizVektorを有効化したもので、メインイメージやウィジェットは修正が必要になります。


BizVektor

Lightningは日本国内のWordPress制作企業が配布しているWordPressテーマです。細部まで日本語に適した作りになっているので企業や個人事業のビジネス適したWEBサイトにすることができます。

企業のホームページは営業の流れを変えた

企業のホームページは営業活動の中心になってきています。顧客の多様化に企業のホームページを対応させるには、素早く・簡単に情報を発信することが求められています。そして、情報の信頼性も重要です。インターネット上の情報が信頼されるようになり、企業のホームページでの集客が営業の中心的存在になってきています。インターネットで情報を得ることが容易になってくることで、「信頼できる情報源」が変化しているのです。顧客は求めている製品やサービスの情報を企業のホームページから収集し、さらにネット上の情報で評価し選定までも行うようになっているのです。

企業のホームページはコーポレートサイトとも呼ばれ、会社が公式に運用・管理するサイトのことをいいます。企業のホームページは集客・販売促進ツールとして捕らえられ、SEOやPPC広告などのWEBマーケティングに力を入れますが、企業のホームページは集客するだけではなくなったようです。カタログやパンフレット、ましてや名詞の代わりの役割ではなくなっています。ユーザーは製品やサービスのことで何か問題点を抱えたとき最初にとる行動は企業のホームページを確認することです。ユーザーの悩みはさまざま、対応すべき内容も多様化してくるのは必須です。

経済産業省の調査で、「信頼できるとされたメディア」に企業のホームページがランクインしていました。

  • テレビ
  • ホームページ
  • 価格比較サイト
  • 評判や情報のサイト
  • 検索エンジン
  • パンフレット
  • 店員や営業マン

経済産業省「消費者購買動向」(平成22年)より

企業のホームページが営業の中心的な存在になってくると営業の流れにも変化が生じます。過去には営業マンのスキルによって販売できていたものが様子が変わってくることになるのです。なぜなら、ユーザーは営業マンと面談する前に事前にホームページで十分な情報を確保しているので主導権を握っている状態なのです。

これは言い換えれば、営業活動のスタート地点が変わってしまったといえます。ホームページから問い合わせ → 営業マンがメールや電話で対応 → アポイント → 訪問 → 商談・見積り → 受注 → アフターフォローとなります。ホームページが営業マンに代わって集客とアフターフォーローを担当してくれるようになったと言ってもいいのではないでしょうか。

ユーザーの情報源は企業のホームページ

新製品や新しい技術情報など、営業マンは情報源として貴重な存在でした。何かを調達、導入しようとする場合は、まず営業マンに連絡し情報を得ることからスタートしていたのです。しかし現在では、インターネットを使って検索すれば企業の新製品情報や新技術についてホームページから簡単に収集することができます。時にはその製品やサービスについての評価まで手にすることができてしまうこともあります。

経済産業省「消費者購買動向」(平成22年)によると、製品やサービスを選択するときのこだわりランキングが次のようになっています。

  • 信頼できる(60.4%)
  • 安心できる(53.6%)
  • 低価格(53.5%)
  • 安全(50%)

価格は選択要素ではあるものの、それ以上に「信頼できる製品と企業」「安心できるサービス」を重要視しています。そして信頼できる情報源は以下のようになっているのです。

  • テレビ
  • ホームページ
  • 価格比較サイト
  • 評判や情報のサイト
  • 検索エンジン
  • パンフレット
  • 店員やセールスマン

カタログやパンフレット、営業や販売員より「ネット上の情報」に信頼をおいていることが伺えます。また、企業のホームページは「製品やサービスの選定時」以外に「購入後、利用中」、「故障、問題発生時」に利用されていて、まず、企業のホームページを確認する、わからなければ他の方法をとるかあきらめるとなっています。

企業のホームページをWordPressで運用

WordPressで企業のホームページを運用することで以下のようなメリットが生まれます。

  • どんな会社なのか伝えることができる
  • 会社のイメージを向上させることができる
  • サポートにも使える
  • ビジネス獲得のチャンスにつながる
  • 人材の確保につながる

WordPressの企業ホームページは営業活動の中心になります。顧客は製品についての情報をホームページで得ようとします。買い替えを考える場合もまず使用している製品の後継モデルから検討していくことが多いといえます。この買い替えを考える顧客に素早くリーチできるのはWordPressのホームページなのです。

関連記事

Yuuta(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Yuutaは、きれいなビジュアル日記として機能するように設計されています。すべてのポストフォーマットのサポートにより、かなり多様化したブログを作成することができます。カスタマイズやウイジェトがシンプルなものですから、比較的短時間でアフィリエイトサイトを立ち…

Oblique(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Obliqueはファッション系の記事を取り扱うのに向いているテーマです。ショップ系のブログとしても利用できるでしょうし、ファッション系の記事でアフィリエイトをするにも適したテーマと言えそうです。

Fukasawa(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Fukasawa の特徴はブログトップページが記事の一覧表示がリスト表示ではなくタイル(石積み)表示なことです。アフィリエイトで大切なことは自サイトのコンテンツを読んでもらうことと、広告をクリックしてもらうことです。そのためには掲載する広告よりサイトのイン…

Stinger 8(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

「Stinger(スティンガー)」はブロガーやアフィリエイターから幅広く支持されているシンプルなデザインはアフィリエイトのブログとして利用でき、編集にも便利なボタンが数多く実装されています。情報コンテンツ(文章)主力でいくなら、日本生まれなので日本語表示も…

SiteOrigin Unwind・アンワインド(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

SiteOrigin Unwind・アンワインドでアフィリエイトサイトを作りましょう。画像は1カラムでメニュー等は配置していません。ウィジェットは、Sidebar,Footer,Masthead(ページ先頭部のヘッダーナビゲーション下コンテンツを配置できる…

Food Express(WordPressテーマ)で飲食店のホームページを作成

Food Expressのホームページ作成を代行します。Food Expressはレストランや食堂などの飲食店向けのWordPressテーマ(テンプレート)です。無料版と有料版のPROバージョンが配布されています。海外のテーマなのでダッシュボードは英語表記になっています。