ホームページをWEBライティングで検索エンジン最適化

WEBライティングとは、コンテンツを、検索エンジンが読みとりやすくなるようにして、正しくインデックスさせ、適切にランキングしてもらうための記述技術のことです。コンテンツを本来の順位よりも上に表示させるためのテクニックではなく、コンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうための技術ということになります。

WEBライティングというのは、誰が見ても読みやすい記事であり、その記事が検索された時に、できるだけ読んでもらえるよう、上位をとるような工夫を加えた文章にする技術のことと言えます。

WEBライティング

無数にあるWEBサイトやページ、どんなにいい記事だとしても、読んでもらえないということがよくあります。そのため、ページを書く時には誰が見ても読みやすく、ためになる記事をいかに読んでもらうか(検索ページで上位をとるための仕組み)WEBライティングという点も考える必要があるのです。

WEBライティング技法の一部をご案内しています。この技法を使って記述したページが全て上位表示されるわけではありませんが、正しくキーワード選定を行い、サイト内の構造を最適化、SEOライティング技法と合わせることで順位を改善できます。

▶ ページ先頭部の文章

ページの先頭部文章は検索エンジンや訪問者にとっても重要な個所です。訪問者はこの文章を読み自分が探している情報なのかを判断することも多く引き込む内容にし、かつ、両者に最適化した文章を記述します。そしてキーワードの出現と配置も十分配慮した文章に仕上げます。

▶ ページの文字数

ページの内容を伝えるための文字数でページを構成します。文字数が少ないと検索エンジンに内容の薄いページと判断されることがあり適度な文字数が必要になります。また、文脈や関連性のない文章も同様に判断されるため文章の構造をキーワードにマッチさせた文章にします。

▶ 見出し

HTML構文に沿ってページ内の構造を整えます。特に効果的な見出しを使い訪問者に情報を見つけ出しやすく、検索エンジンにはページの内容を的確に伝える見出し文を記述します。

▶ キーワードの出現率と配置

キーワードの出現率を適切にし必要な個所への配置をします。単にキーワードを記述するのではなく、文脈に合わせてキーワードを記述することで検索エンジンに最適化することができます。

▶ 画像の代替えテキスト

画像を配置し代替えテキストを記述します。検索エンジンは代替えテキストも判定の要素にしているので、ページ内の文脈関連性がマッチしていれば評価プラスになることもあります。

▶ 内部、外部リンクのWEBライティング技法

ページ内、サイト内そして外部への発リンクを最適化します。内部リンクはそのサイトで重要なページ、外部リンクはページと関連性の強いサイトへのリンクを設置します。

WEBライティングとSEOライティング

WEBライティングはページ内の文章を最適化し検索エンジン上位の露出を増加させることが目的になりますが、同時にSEOライティングによる最適化も行う必要があります。

WEBライティングは検索エンジンが理解しやすい文章や構造でページを記述する方法です。SEOライティングと呼ばれる方もいるようですが、正確な定義はないようです。基本的にはどちらも検索エンジンからの流入目的とし、かつ、問い合わせなどのコンバージョンに結びつけることを意識しています。