バナー広告をブロックパターンに登録し再利用できるWordPressプラグイン

VK Block Patterns

VK Block Patterns

アフィリエイトではバナー広告を複数のページに貼り付けることはよくあることです。しかし、ページ毎にバナーを作成するのはちょっと面倒ですし、コードを誤って記述してしまうこともあります。過去の記事からコピーして貼り付けるのもよいでしょうが、目的のページを探しだすのに一苦労といったこともよくあります。そこで、VK Block Patterns を利用して、バナー広告ブロックをパターンに登録すると格段に作業が楽になります。

VK Block Patterns

Gutenbergのデフォルト機能にも再利用ブロックがあり、同様のことができますが、VK Block Patterns はブロックを選択するときにブロックのサムネが表示されるのでテキストだけで探し出すより作業が楽といえます。

WordPress.orgVK Block Patterns
バージョン1.25.4
最終更新2日前
有効インストール50,000+
WordPressバージョン6.5.8以上
検証済みバージョン6.0.3
PHPバージョン7.2以上
VK Block Patterns の概要 2022年10月現在

VK Block Patterns でできること
■ブロックパターンの登録
■カテゴリー登録
■登録の権限設定

使い方

まず、VK Block Patterns をインストールして有効化します。インストールするには、ダッシュボード → プラグイン → 新規追加と進みます。

そして、検索 →  VK Block Patterns で検索 → インストール → 有効化すれば利用できるようになります。

ブロックパターンを作成する

最初に再利用したいブロックパターンを作成します。インストールが終了していれば、ダッシュボードの左管理メニュに VK ブロックパターンが表示されているはずなので、新規追加を選びます。

VK Block Patterns
ブロックパターンを作成する

次に投稿編集の画面になるのでタイトルと再利用するブロックを作成します。タイトルはのちにパターンを選択する特に見つけやすいものにしておきましょう。ブロックはすでに作成済みのページからコピーすることもできます。完了したら公開ボタンで公開しておきましょう。

ブロックパターンを作成する

記事にパターンを貼り付ける

段落の + をクリックし、全てを表示 をクリックし パターンタブを選択します。登録したパターンのほかにもあらかじめプラグインに登録されているパターンが表示されるので、自分が登録したパターンを使用するならVK Block Patterns を選択します。

記事にパターンを貼り付ける

※ VK Block Patterns はインストールしたばかりではパターンは登録されていません。パターンは自分で登録しなければなりません。

Promotion

DeeBoard 〜買い切り3万円のGA4レポート〜

【買い切り3万円】こんな方のために作ったGA4データポータルレポートです

【1】Googleアナリティクスの見方・使い方が分からない方
【2】Googleアナリティクスの分析・操作を面倒に感じている方(ログインすら辛く感じる方)
【3】報告の度に手作業でアクセス解析レポートを作成している方