YouTubeのインストリーム広告の仕組み

YouTube のインストリーム広告は、動画の最初や最後又は途中で再生される広告で、スキップ可能なものとそうでないものがあります。このスキップ可能型の広告では動画がスキップされると課金は発生しません。広告主にとっては、スキップされるまで(5秒)は課金なしで表示できるので認知拡大には有効的ですが、広告掲載側にとっては収益率は低いことになってしまいます。

YouTubeインストリーム広告 配信のパターン

YouTube で収益化を図ろうとするとどうしても再生回数にとらわれがちですが、自分のチャンネルの広告についても関心をもっていた方が良いでしょう。広告は視聴者の年齢や趣味などについても可能な限り把握して表示されています。どんな視聴者に、どんな動画内容を発信するかについて考察することも収益性を向上させるポイントなってきます。

インストリーム広告にはプレロール、ミッドロール、ポストロールがあります。

1.プレロール動画広告は動画本編が始まる前に流れる広告です。視聴率が高い広告になります。スキップ可能型は5秒間表示されその後視聴者によりスキップが可能になります。これに対し、クリック不可能型のバンパー広告は、6秒以下の広告で視聴者はスキップすることができません。

2.ミッドロール広告は、動画本編の途中に挟み込まれた広告です。本編途中に表示されるため、本編を早く見たいユーザーからは敬遠されがち、離脱率が高い広告と言えます。

3.ポストロール広告は、動画本編の視聴後に流れる広告です。本編が終了し、ユーザーの満足度は達成されているので離脱率は高いものになります。

YouTubeの 課金の体系

YouTubeの 課金の体系

課金の体系としては、CPV課金 と CPM課金 があります。

1.CPV(Cost Per View)課金は視聴1回あたりコストが発生する広告です。Youtube動画広告では、30秒以上再生された場合、30秒以下の動画広告の場合は最後まで視聴された場合、もしくは動画が操作(クリック)された場合に課金が発生します。

2.CPM(Cost Per Mille )課金は、インプレッション1000回に対して課金されます。スキップのできない完全視聴型やバンパー型はこの料金体系です。

関連ページ

YouTubeの収益には基本報酬の他にどんなものがあるのか

YouTubeのインストリーム広告の仕組み

国内におけるYouTube広告の市場規模は、2015年の33億円から2022年には579億円になるという試算があります。そして、Google は昨年末、国内の18~64歳の月間ユーザー数が6500万人以上と発表しています。

>>続きを読む

関連のページでは、アフィリエイトやアドセンス、WordPressを使ったWEBサイトの収益化の他にプラグインやテーマの導入やエラーの対処、また、収益化に重要なSEOのやり方や手法等もご案内しています。

WordPressの使い方

YouTubeのインストリーム広告の仕組み

アドセンスやアフィリエイトをするときに、便利なWordPressのプラグインやテーマ(無料・有料・公式)などの導入方法や更新情報、エラーの対処などWordPressの使い方をご案内しています。

>>続きを読む

WordPressのSEO

YouTubeのインストリーム広告の仕組み

アフィリエイトやアドセンスで収益を得ようとする方にWordPressのSEO情報をご案内しています。検索アルゴリズムの進化によってSEOは複雑に、かつWEBサイトの増加により難易度は高くなっています。

>>続きを読む