アフィリエイト

Lightningにコールツーアクションを作る

更新日:

WordPress公式テーマLightningにはコールツーアクションが標準で実装されています。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。

Lightningのコールツーアクション

Screenshot of lightning.nagoya

Lightning

CAT(コールツーアクション)とは、WEBサイトやブログにやってきた読者の行動を喚起するテキストやボタン、画像などのリンクのこと。 ランディングページへの誘導やリード(見込み客)への転換などに用いられます。特にビジネスブログを使って検索エンジンなどで集客を狙っている場合には、流入してきたページから次のページ(購買や問い合わせ、資料請求)に誘導することが重要になっています。

LightningのコールツーアクションはプラグインVk ExUnitをインストールすることで利用できるようになっています。WordPressダッシュボードからVk ExUnitをクリックして、Call to Actionにチェックをいれます。

ダッシュボードに CAT が追加されるのでこちらをクリックします。Lightningのコールツーアクションは複数作成することができるのでページに合わせて効果的なCTAを表示させることができます。

コールツーアクションはただ設置すればよいというものでなく、ページに関連した製品やサービスページへの誘導になっていないといけません。

コールツーアクションの設定

編集できる内容としては、アイキャッチ画像を貼りつけたり、誘導ページへのリンクボタン、誘導文章を編集できます。

コールツーアクションは、ゴールである売り上げや成約に直結するものです。従って設置するだけでなく、効果がでているのか分析し、修正を加えることを念頭においておきましょう。

テーマとは

AdSenseのトラブル

AdSenseのポリシー違反を回避する

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。

AdSenseの広告配信の停止・制限への対処方法

AdSenseに無効なトラフィック(アクセス)と判断された場合、広告配信が停止されることがあります。

Google AdSense 審査の申し込み方法

Google AdSensの申し込み方(法人の場合)です。Google AdSensを申し込むには最初に必要なものがあります。

AdSense用プラグイン

WordPressにはAdSensu広告を掲載する時に利用したいプラグインがあります。

AdSense Invalid Click Protectorでアドセンス狩りから守る

AdSense Invalid Click ProtectorはAdSenseの無効なクリック、Google AdSenseアカウントを通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立ちます。

Advanced AdsはAdSenseの広告コードを貼りつける

Advanced AdsはAdSenseやアフィリエイトの広告コードを貼りつけることができるWordPressプラグインです。

Head, Footer and Post InjectionsでAdSense審査コードを記述

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。

Wp-InsertはAdSense等の広告コードを挿入

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。

Easy Google AdSenseはAdSense広告を最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。

-アフィリエイト

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.