アフィリエイトはキーワード選定で収益を上げることができる

アフィリエイトはキーワード選定で収益を上げることができる

アフィリエイトの収益を確保するためにキーワードを選定することも必要です。まずサイトのターゲットユーザーを絞り込みます。ターゲットユーザーが利用するキーワードを選定することで集客効果を確実なものにするのです。利用されていないキーワードを選定してコンテンツ作っても集客には繋がりません。製品やサービスを購入利用する動機となるキーワードや目的・用途などが選定の有力候補になります。キーワードを選定するには、ターゲットになる見込み客を具体的にして選定しないとブレて効果が薄くなります。

アフィリエイトの収益確保にキーワード選定

キーワードの選定は集客を成功させるためには欠かせないものです。ユーザーがどんなキーワードを利用して情報を集めているのかが分かれば提供すべきコンテンツが決まります。そして、キーワードに含まれる検索の意図にマッチさせるコンテンツで製品やサービスに関連させることができれば成約につながる集客を増加させることができます。特定のキーワードで上位に表示ができていても、利用されていない場合やユーザーが期待しているコンテンツでなければ、反応は望めません。購買意欲の高い人の意図に合わせたコンテンツで必要としている情報を提供すれば商談の可能性が高まります。

まず優先的に攻略すべきキーワード候補を調査します。検索に多く利用されているキーワードからそうでないものまで、そのなかから、製品やサービスを利用してくれる見込み客が利用しそうなものを見つけ出すのです。そして、競合調査により攻略難易度による優先順位(攻略スケジュール)なども導きだします。このときアフィリエイトの対象となるユーザーのイメージができるだけ具体的になっている必要があります。

  1. ターゲットはどの地域に居住しどのような端末を使っていますか。
  2. ターゲットの求めているものと自社の強みは部分的にでも一致していますか。マッチしていないと直帰率やページの滞在時間に数値として現れます。
  3. ターゲットの検索クエリに見合ったコンテンツを提供できていますか。マッチしている場合は優良顧客が訪れている可能性が大きくなります。

キーワード精査

キーワードが決まったらキーワードについて精査します。検索数が多く一定の流入が想定できるのか、ターゲットユーザーが求める情報とマッチしているかを調べます。

  • 検索ニーズがあるか
  • 自社製品の強みに適合するキーワードか
  • 上位表示が可能か
  • 見込み顧客が検索するキーワードか

アフィリエイトの収益はユーザーに応じてキーワードを選定する

ユーザは突然思いついて検索し購入に至るものではありません。情報取集を経て行動し、そのなかで抱いた「質問」「要望」「相談」を検索として投げかけてくるのです。従って段階に応じたキーワードを選定し、マッチしたコンテンツでコンバージョンへとつなげることを意識しなければなりません。

利用されているキーワード

原料にこだわった食品などの場合、つい原料をキーワードとして利用したくなることもありますが、実際には○○産原料の××などで検索されることは少ないでしょう。やはり一般的に利用されるものを選択すべきです。検索ボリュームが低い場合、あまり意味がないと感じるかも知れませんが、強い関心を持っている人が利用していることが多く商談に結びつきやすいこともあります。

検索ユーザーの目的

ユーザーが検索エンジンを利用しているのは何らかの目的があってのことです。例えば「居酒屋」を探しているとすると、「おいしい料理を食べたい」、「お酒を飲みたい」だけが目的でないこともあるようです。数人の集まりや会合に利用したいなども意図される場合もあり、こんなときにどんなキーワードを使うのかも考えておくべきでしょう。

利用数の多さにこだわらない

キーワードツールなどで調べると、どれくらい検索に利用されているのか知ることができます。しかし、利用が多い場合は競合相手が強いこともあります。こんな時はボリュームを抑えたものから優先的に攻略します。

組み合わせる

検索ユーザーは、欲しい情報が明確な場合、検索結果を絞り込むために、組み合わせて使われるのが一般的です。そしてこの組み合わせは上位表示を狙いやすいといった特徴があります。「購入」「お問い合わせ」「資料請求」「料金」「価格」「見積」などと組み合わせます。組み合わせキーワードは行動がある程度明確になっているので商談に結びつきやすくなります。

検索エンジンの評価がまだ低い時のキーワード選定

新規ドメインの場合、検索エンジンの評価が低いため、ロングテール・キーワード(競合が低い)を優先することが近道の場合もあります。競合の高いキーワードでは上位到達までに時間を必要としコストパフォーマンスの低下を生じる為です。ロングテール・キーワードを複数対策し、ボリュームが増加した時点でビッグキーワードを攻略します。

検索数とキーワード選定

キーワード月間検索数
SEO40500
SEO業者590
SEO診断1300

上記表のように「SEO」は月間検索数の多いキーワードです。上位表示をすることができれば訪問者の確保を可能にすることでしょう。しかし検索者の目的が曖昧なので、コンバージョンとしては問題があります。俗にいう訪問者は多いが収益に結びつかないといった現象です。そこで「SEO業者」を考えてみましょう。検索数は多くありませんが、少なくとも業者をリサーチするという目的がうかがえます。では「SEO診断」はどうでしょう?自サイトの診断を考えているようですが、ネット上にある診断ツールを探している場合も多いと予想されます。