高速表示できるIconic OneにAdSenseを掲載する

更新日:

Iconic Oneはページスピードスコア95点以上で高速表示できるWordPressテーマです。適切な SEO を実装してコンテンツのランク付けを高め、AIOSEO や YOAST SEO と互換性があります。ピクセルパーフェクトなタイポグラフィーとレスポンシブを備えたプレミアム品質のテーマで、ページスピードスコア95点以上でスピードアップされています。Iconic One は適切な SEO を実装してコンテンツのランク付けを高め、AIOSEO や YOAST SEO と互換性があります。 あなたはコードに触れることなく、テーマを設定することができるライブカスタマイザーで、簡単にロゴをアップロードし、背景色、フッターテキスト、ソーシャルメディアの URL を変更することができます。 最新の HTML 5、CSS3、WordPress のネイティブ関数を利用して、あらゆるブラウザーでうまくいくような素晴らしいものを作成します。

Iconic One

Screenshot of wordpress.org

Iconic One テーマ・ディレクトリ

カスタマイズ

Iconic Oneのカスタマイズ内容は以下の表のようになっています。

サイト基本情報
  1. サイトのタイトル
  2. キャッチフレーズ
ロゴ 画像を指定できる
背景色を指定することができます
SNS Twiter,Facebook,rssのURLを指定できる
投稿設定
  • ホームページに抜粋を表示、チェックを外せば完全に投稿ページを表示できる
  • ホームページに日付/著者バーを表示
  • ホームページにカテゴリーを表示
  • ホームページにタグを表示
  • 発行日を最終更新日で置き換える
背景画像 背景画像を指定できる
ホームページ設定 表示を最新の投稿か固定ページする

AdSenseを掲載するまでの流れ

  1. WEBサイトかブログを作成する
  2. AdSenseに申請をする
  3. AdSenseから承認される
  4. 自動広告等掲載の設定をする

申請時の注意点としては、サイト内のコンテンツに誹謗中傷、政治的な記事、健康を取り扱った記事、発信者の情報が不明瞭である等のコンテンツがあると承認されないことがあります。

AdSenseの注意点

Google AdsenseはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。Google Adsenseを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり、違反してしまうと、場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でAdsenseにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → 広告ユニットごとのタブで確認できます。

Adsenseでしてはいけないこと

  1. 自分で広告をクリックしてはいけない
  2. サービスの詳細を自分のブログなどで公開してはいけない
  3. 不適切なコンテンツへの掲載(タバコ・アルコール・ギャンブル・ヘルスケア等)
  4. しないといけないこと、AdSense狩りに備えておく

AdSenseに申請

AdSense用プラグイン

WordPressにはAdSensu広告を掲載する時に利用したいプラグインがあります。

-AdSense

Copyright© アフィリエイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.