AdSenseのポリシー違反を回避するGoogle Publisher Toolbar

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。これを回避するには、「Google Publisher Toolbar」を利用することです。確認のためにマイサイト表示しても、広告をクリックしてもポリシー違反とはならず、広告のリンク先を確認することができるようになります。

Google Publisher Toolbar

Google Publisher Toolbarは chrome拡張機能の一つで chromeウェブストアから入手することができます。突然広告が表示されなくなることがありますが、自己クリックによるものであればポリシー違反にはならないことが多いです。1ケ月程で再表示されることがほとんどなどで焦らず待ってみましょう。

chromeに追加

chrome ウェブストアのGoogle Publisher Toolbarページにアクセスします。続いて、ページ右上のchrome に追加ボタンをクリックしてインストールします。

ブラウザの右上にボタンが追加されているはずですので、クリックして設定を行います。AdSenseとAnalyticsのアカウントを有効にします。

Google Publisher Toolbarの詳しい使い方はGoogleサイト運営者向けツールバーでご確認ください。

AdSense最新記事

Advanced Ads(WordPressプラグイン)はAdSenseの広告コードを貼りつける

Advanced AdsはAdSenseやアフィリエイトの広告コードを貼りつけることができるWordPressプラグインです。AdSenseは自動表示設定もあるのですが、表示位置をコントロールした方がいい場合もあります。

Head, Footer and Post Injections(WordPressプラグイン)AdSense審査コードを記述

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Wp-Insert(WordPressプラグイン)はAdSense等の広告コードを挿入

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。メールマガジンやお問い合わせなどCTAなども挿入させることができます。

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)はAdSense広告を最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグインを使用すると、AdSenseの広告やコードをサイトのさまざまな部分に手動で追加する必要がなくなります。

関連記事