AdSenseのポリシー違反を回避するGoogle Publisher Toolbarの使い方

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。これを回避するには、「Google Publisher Toolbar」を利用することです。確認のためにマイサイト表示しても、広告をクリックしてもポリシー違反とはならず、広告のリンク先を確認することができるようになります。

Google Publisher Toolbar

※Google Publisher Toolbarは chrome拡張機能の一つで chromeウェブストアから入手することができます。

突然広告が表示されなくなることがありますが、自己クリックによるものであればポリシー違反にはならないことが多いです。1ケ月程で再表示されることがほとんどなどで焦らず待ってみましょう。

chromeに追加

chrome ウェブストアのGoogle Publisher Toolbarページにアクセスします。

続いて、ページ右上のchrome に追加ボタンをクリックしてインストールします。

ブラウザの右上にボタンが追加されているはずですので、クリックして設定を行います。AdSenseとAnalyticsのアカウントを有効にします。


Google Publisher Toolbarの詳しい使い方はGoogleサイト運営者向けツールバーでご確認ください。

関連記事

tumblr.com(無料ブログサービス)をAdSenseやアフィリエイトで収益化

Tumblrは、メディアミックスブログサービス。ブログとミニブログ、そしてソーシャルブックマークを統合したマイクロブログサービスです。アメリカのDavidville, Inc.により2007年3月1日にサービスが開始されています。 「Tumblr」は、アメ…

忍者ブログをAdSenseやアフィリエイトで収益化

忍者ブログはアクセス解析、カウンタ、アフィリエイト、メールフォーム、アンケートフォーム、アクセス制御等のツールを忍者ツールに登録することで利用することができるようになります。

JUGEM(無料ブログサービス)をAdSenseやアフィリエイトで収益化

JUGEMブログは無料プランでも自由にアフィリエイトができます。AdSenseも可能ですがこちらは有料プランと独自ドメインが条件になっています。

livedoor・ライブドア(無料ブログサービス)でAdSenseやアフィリエイトで収益化

livedoor Blog(ライブドアブログ)は、韓国のIT企業ネイバーの子会社、LINEが運営するブログサービス。 かつてはライブドアが運営していたサービスで、2014年6月現在はLINEがライブドアブランドで運営されています。