AdSense

AdSenseのポリシー違反を回避する

更新日:

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。これを回避するには、「Google Publisher Toolbar」を利用することです。確認のためにマイサイト表示しても、広告をクリックしてもポリシー違反とはならず、広告のリンク先を確認することができるようになります。

Google Publisher Toolbarは2020年5月にサポートが終了されました。

AdSense用プラグイン

AdSense Invalid Click Protectorでアドセンス狩りから守る

AdSense Invalid Click ProtectorはAdSenseの無効なクリック、Google AdSenseアカウントを通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立ちます。

Advanced AdsはAdSenseの広告コードを貼りつける

Advanced AdsはAdSenseやアフィリエイトの広告コードを貼りつけることができるWordPressプラグインです。

Head, Footer and Post InjectionsでAdSense審査コードを記述

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。

Wp-InsertはAdSense等の広告コードを挿入

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。

Easy Google AdSenseはAdSense広告を最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。

AdSenseの注意点

Google AdsenseはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。Google Adsenseを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり、違反してしまうと、場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でAdsenseにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → 広告ユニットごとのタブで確認できます。

Adsenseでしてはいけないこと

  1. 自分で広告をクリックしてはいけない
  2. サービスの詳細を自分のブログなどで公開してはいけない
  3. 不適切なコンテンツへの掲載(タバコ・アルコール・ギャンブル・ヘルスケア等)
  4. しないといけないこと、AdSense狩りに備えておく

-AdSense
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.