Google AdSense 審査の申し込み方法(法人の場合)

Google AdSensの申し込み方(法人の場合)です。Google AdSensを申し込むには最初に必要なものがあります。事前に以下のものを準備しておきましょう。また、広告を掲載するWEBサイトやブログは申し込み後審査が行われます。通常1日程で審査が終了します。審査に合格しないと広告は表示されません。審査に不合格になるパターンとしては出稿者が不明瞭だとか連絡方法が記述されていないとかが多いようです。申請の前にチェックしましょう。

  • Googleアカウント
  • 広告を掲載するWEBサイトかブログ
  • 電話番号と住所

Google AdSensの申し込み

Google AdSensの申し込みの手順

  1. 広告掲載したいウェブサイトのURLを入力
  2. メールアドレスを入力
  3. お客様情報を入力
  4. アカウント情報の変更をする。デフォルトは個人になっているのでビジネスに変更しておきましょう。
  5. 住所情報を入力
  6. 電話番号を入力
  7. 確認コードを入力
  8. 広告コードを入力

広告を掲載したいWEBサイトのURLと連絡用のメールアドレスを入力します。

申込者の住所などを入力します。

電話番号を入力します。入力した電話番号に確認コードが送られます。通話を選択した場合は音声で連絡されるので確認コードをメモできるようにして待ちましょう。

上記で連絡してきた確認コードを入力します。

最後に審査を受けるウエブサイトの HEAD部にコードを貼りつけます。WordPressはプラグインを利用すると便利です。テーマを直接編集するとテーマのアップデート時に上書きされてサイド編集する必要がでてきます。

AdSense最新記事

Head, Footer and Post Injections(WordPressプラグイン)AdSense審査コードを記述

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Wp-Insert(WordPressプラグイン)はAdSense等の広告コードを挿入

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。メールマガジンやお問い合わせなどCTAなども挿入させることができます。

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)はAdSense広告を最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグインを使用すると、AdSenseの広告やコードをサイトのさまざまな部分に手動で追加する必要がなくなります。

Yaplog!(無料ブログサービス)をAdSenseやアフィリエイトで収益化

ネットメディアや各種デジタルコンテンツの事業を行うGMOメディア株式会社が手掛けるブログサービスです。 GMOメディアはteacupと呼ばれる電子掲示板レンタルサービスなど古くから知られたサービスを提供していました。2020年1月31日でサービスは終了され…


【スポンサードリンク】


関連記事