Google AdSense 審査の申し込み方法(法人の場合)

Google AdSensの申し込み方(法人の場合)です。Google AdSensを申し込むには最初に必要なものがあります。事前に以下のものを準備しておきましょう。また、広告を掲載するWEBサイトやブログは申し込み後審査が行われます。通常1日程で審査が終了します。審査に合格しないと広告は表示されません。審査に不合格になるパターンとしては出稿者が不明瞭だとか連絡方法が記述されていないとかが多いようです。申請の前にチェックしましょう。

  • Googleアカウント
  • 広告を掲載するWEBサイトかブログ
  • 電話番号と住所

Google AdSensの申し込み

※申し込みは上記リンクで移動できます。

Google AdSensの申し込みの手順

  1. 広告掲載したいウェブサイトのURLを入力
  2. メールアドレスを入力
  3. お客様情報を入力
  4. アカウント情報の変更をする。デフォルトは個人になっているのでビジネスに変更しておきましょう。
  5. 住所情報を入力
  6. 電話番号を入力
  7. 確認コードを入力
  8. 広告コードを入力

URLとメール

広告を掲載したいWEBサイトのURLと連絡用のメールアドレスを入力します。

お客様情報

申込者の住所などを入力します。

電話番号

電話番号を入力します。入力した電話番号に確認コードが送られます。通話を選択した場合は音声で連絡されるので確認コードをメモできるようにして待ちましょう。

確認コード

上記で連絡してきた確認コードを入力します。

広告コード

最後に審査を受けるウエブサイトの HEAD部にコードを貼りつけます。WordPressはプラグインを利用すると便利です。テーマを直接編集するとテーマのアップデート時に上書きされてサイド編集する必要がでてきます。


【スポンサードリンク】

関連記事

Yuuta(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Yuutaは、きれいなビジュアル日記として機能するように設計されています。すべてのポストフォーマットのサポートにより、かなり多様化したブログを作成することができます。カスタマイズやウイジェトがシンプルなものですから、比較的短時間でアフィリエイトサイトを立ち…

Fukasawa(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Fukasawa の特徴はブログトップページが記事の一覧表示がリスト表示ではなくタイル(石積み)表示なことです。アフィリエイトで大切なことは自サイトのコンテンツを読んでもらうことと、広告をクリックしてもらうことです。そのためには掲載する広告よりサイトのイン…

Stinger 8(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

「Stinger(スティンガー)」はブロガーやアフィリエイターから幅広く支持されているシンプルなデザインはアフィリエイトのブログとして利用でき、編集にも便利なボタンが数多く実装されています。情報コンテンツ(文章)主力でいくなら、日本生まれなので日本語表示も…

SiteOrigin Unwind・アンワインド(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

SiteOrigin Unwind・アンワインドでアフィリエイトサイトを作りましょう。ウィジェットは、Sidebar,Footer,Masthead(ページ先頭部のヘッダーナビゲーション下コンテンツを配置できる)の3カ所になっています。Sidebar にメ…

Food Express(WordPressテーマ)で飲食店のホームページを作成

Food Expressのホームページ作成を代行します。Food Expressはレストランや食堂などの飲食店向けのWordPressテーマ(テンプレート)です。無料版と有料版のPROバージョンが配布されています。海外のテーマなのでダッシュボードは英語表記になっています。

Simplicity2(WordPressテーマ)でアフィリエイトサイトを作る

Simplicity2はその名のとおりシンプルなデザインになっているテーマで、文字情報を主体に、ユーザーを引き付けることができます。シンプルなデザインは文字数が多くなる傾向がありSEOにも効果的なことが挙げられますが、シンプルなだけにセンスが必要だとも言え…

関連記事