Googleの自動ペナルティを受けたときの対処

ホームページがGoogleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸びなくなってしまうのです。

Googleの自動ペナルティ

Googleのペナルティは手動と自動のものがあり、手動の場合はサーチコンソールに違反箇所の通知が届きます。自動ペナルティにはサーチコンソールへの通知はありません。自動の場合は確認方法がないため、そのまま放置されていることもあるようです。軽度なペナルティですと自然に回復することもあるため気づかないこともあるようです。

Panguin Tool

検索エンジンからのアクセスが減少し、Googleの自動ペナルティを受けているのではと感じたらPanguin Toolでチェックしてみるとよいでしょう。

Panguin ToolはGoogleアカウントでログインすると、アップデートとトラフィックの推移を照らし合わせたグラフを確認することができます。アップデート後にトラフィックが落ち込んだ場合ペナルティを疑ってみる必要があります。

Googleの自動ペナルティを受けたかなと感じたら以下をチェック

  • サーチコンソールを確認する
  • ビジネスブログ内に似たページが多くなっていないかチェックする
  • 並び項目

サイト全体にわたってアクセスが急激に落ちたりする場合は自動ペナルティを疑ってみることです、一部のページが急激にアクセス落ちた場合はクエリ(キーワード)のアルゴリズム変更を疑ってみるべきでしょう。

ホームページ

何らかのビジネスや広報活動を行う場合、ホームページは必須と言えるものになっています。例えば、ホームページがないと次のようなことが懸念されます。

1.企業のイメージが悪くなってしまう

企業に何らかの関心を持った場合、最初にとる行動はインターネットで起業を検索することです。このとき目的の企業の情報がないとあまりよいイメージは持たないでしょう。

2.競合他社に負けてしまう

顧客は店舗に足を運ぶ前にインターネットで購入する商品を決定している。「Googleが提唱するZMOT理論」

3.持続的な宣伝効果がのぞめない

他の宣伝(ダイレクトメールや新聞広告など)に比較して持続的に集客効果を維持できる。

関連記事

Allegiantで企業のホームページを作る

Allegiantは、代理店や専門家に最適な無料の多目的WordPressテーマです。

Food Expressで飲食店のホームページを作成

Food Expressのホームページ作成を代行します。Food Expressはレストランや食堂などの飲食店向けのWordPressテーマ(テンプレート)です。

Googleの自動ペナルティを受けたときの対処

ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。

飲食店や塾・病院・士業のホームページはローカル検索に対応

ローカル検索は、飲食店、塾、パソコンスクール、病院、士業など、地域密着型のビジネスの集客重要なものです。