WordPressのホームページがGoogleの自動ペナルティを受けたときの対処

ホームページがGoogleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸びなくなってしまうのです。

Googleのペナルティは手動と自動のものがあり、手動の場合はサーチコンソールに違反箇所の通知が届きます。自動ペナルティにはサーチコンソールへの通知はありません。自動の場合は確認方法がないため、そのまま放置されていることもあるようです。軽度なペナルティですと自然に回復することもあるため気づかないこともあるようです。

Googleの自動ペナルティをチェックする

検索エンジンからのアクセスが減少し、Googleの自動ペナルティを受けているのではと感じたらPanguin Toolでチェックしてみるとよいでしょう。

Panguin ToolはGoogleアカウントでログインすると、アップデートとトラフィックの推移を照らし合わせたグラフを確認することができます。アップデート後にトラフィックが落ち込んだ場合ペナルティを疑ってみる必要があります。

Googleの自動ペナルティを受けたかなと感じたら以下をチェック

  • サーチコンソールを確認する
  • ビジネスブログ内に似たページが多くなっていないかチェックする
  • 並び項目

サイト全体にわたってアクセスが急激に落ちたりする場合は自動ペナルティを疑ってみることです、一部のページが急激にアクセス落ちた場合はクエリ(キーワード)のアルゴリズム変更を疑ってみるべきでしょう。

ホームページ最新記事

Food Express(WordPressテーマ)で飲食店のホームページを作成

Food Expressのホームページ作成を代行します。Food Expressはレストランや食堂などの飲食店向けのWordPressテーマ(テンプレート)です。無料版と有料版のPROバージョンが配布されています。海外のテーマなのでダッシュボードは英語表記になっています。

WordPressのホームページがGoogleの自動ペナルティを受けたときの対処

ホームページがGoogleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸びなくなってしまうのです。

飲食店や塾・病院・士業のホームページはローカル検索に対応しておく

ローカル検索は、飲食店、塾、パソコンスクール、病院、士業など、地域密着型の店舗にロカール検索から集客することができるようになります。最近ではスマートフォンなどで検索されることが多くなり、店舗サイトの集客を伸ばすには対策しておきたいものです。

ホームページを使って集客をすることが向かない商材

ホームページで集客をする方法は一般的にリスティング広告等のWEB上の媒体に広告を出す、WordPressのホームページをSEO(検索エンジン最適化)により検索結果での順位を上昇させ露出多くするなどがあります。また、SNSによる拡散効果を狙うものや固定顧客へ…

関連記事