WordPress.comはネットビジネスの収益化ができるのか

WordPress.comは収益化ができるのでしょうか?WordPress.comの利用規約ではアドセンスのような広告ネットワークでの収益化が認められていません、収益化は「WordAds」という公式広告プログラムを使用してしか収益化ができないようになっています。しかし「WordAds」を使用するには月900円以上の有料プランである必要があります。もし、収益化を狙って有料プランを契約するとなるとプラン料金以上の収益が出るかを十分考えて結論を出されるとよいでしょう。
“WordPress.comはネットビジネスの収益化ができるのか” の続きを読む

BizVektor(WordPressテーマ)にコールツーアクションを設置

WordPressテーマBizVektorは集客に適したテーマですが、コールツーアクション機能が標準では実装されていません。ホームページのお問い合わせや資料請求への導線になるもので、今日では多くのサイトにコールツーアクションが実装されるようになりました。しかし、BizVektorには残念なことにコールツーアクション機能は実装されていません。そこで、BizVektorにプラグインを使ってコールツーアクションを実装する方法をご紹介します。
“BizVektor(WordPressテーマ)にコールツーアクションを設置” の続きを読む

WordPressのmeta descriptionの書き方

WordPress meta descriptionはどうのように書けばよいのでしょうか。Googleスターターガイドに「meta description」メタタグを使用するとGoogleやYahoo!等の検索エンジンにページ内容の要約を伝えることができることについて記載されています。meta descriptionは検索エンジンによる検索結果の一部(スニペット)として表示され、Webページの要約文として表示されることもあります。
“WordPressのmeta descriptionの書き方” の続きを読む

Lightning(WordPressテーマ)にコールツーアクションを作る

WordPress公式テーマLightningにはコールツーアクションが標準で実装されています。CAT(コールツーアクション)のプラグインは数多く公開されていますがテーマと同時に開発されたLightningのコールツーアクションはデザイン的にも使い勝手の良いものになっています。
“Lightning(WordPressテーマ)にコールツーアクションを作る” の続きを読む

WordPressのカテゴリーの決め方

WordPressは「カテゴリー」と呼ばれる機能で投稿を分類することができるようになっています。カテゴリーの決め方によってはSEOに有利に働かせることができます。例えば、製品やサービスを分類する場合は、関連する情報を大分類とし、タグを使って中・小分類を設定すると、視覚的にもわかりやすい構造になり、その結果利用者の利便性を高める効果も高くなってきます。カテゴリーを地域エリア別、ユーザーごとに並べたり、特定のグループだけ抽出したりもできます。お知らせやニュースを作成して日付順に並べることもできます。注意点はあまり細かく分類し過ぎないことです。 “WordPressのカテゴリーの決め方” の続きを読む