AdSenseを運用するのに利用したいWordPressプラグインのとりまとめ

WordPressでAdSenseを運用するのに利用したいプラグインの記事を取りまとめています。広告コードを貼り付ける、広告を最適化してくれるなどのプラグインがあります。

GoogleAdSense関連のプラグイン

Advanced Ads(WordPressプラグイン)はAdSenseの広告コードを貼りつける

Advanced AdsはAdSenseやアフィリエイトの広告コードを貼りつけることができるWordPressプラグインです。AdSenseは自動表示設定もあるのですが、表示位置をコントロールした方がいい場合もあります。

Head, Footer and Post Injections(WordPressプラグイン)AdSense審査コードを記述

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。Google AdSenseの審査コードなどHEADタグ内に貼りつけたいコードがあるとき、テーマに直接記述してしまうとア…

Wp-Insert(WordPressプラグイン)はAdSense等の広告コードを挿入

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。AdSenseやアフィリエイトの広告コードを投稿や固定ページに挿入できます。メールマガジンやお問い合わせなどCTAなども挿入させることができます。

Easy Google AdSense(WordPressプラグイン)はAdSense広告を最適化

Easy Google AdSenseは機械学習して広告を自動的に最適化してくれるWordPressプラグインです。このプラグインを使用すると、AdSenseの広告やコードをサイトのさまざまな部分に手動で追加する必要がなくなります。

GoogleAdSense

Google AdsenseはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。そして、Googleが提供する広告管理・運用サービスのことです。Google Adsenseを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり違反してしまうと場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でAdsenseにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → 広告ユニットごとのタブで確認できます。

AdSenseに関連する記事

Seesaa(無料ブログサービス)にAdSenseやアフィリエイト広告を掲載する

Seesaaは、まとめブログやアフィリエイトなど複数のブログを一つのアカウントで管理できる無料ブログサービスです。また、シーサー提供ドメインはSSL対応済みで安心して利用できます。

Tumblr(無料ブログサービス)にAdSenseやアフィリエイト広告を掲載する

Tumblrは文章や画像だけでなく、動画や音声など幅広い種類のメディアを投稿できる「メディアミックス・ウェブログ・サービス」です。AdSenseの設置はできますが、テーマの編集ができることが前提なのでハードルが高いといえます。

Hatena Blog(はてな・ブログサービス)にAdSenseやアフィリエイト広告を掲載する

はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです。 「はてなブログPRO」を600円 / 月を利用すると広告を非表示にでき、独自ドメインにも対応することができます。合計10個までの複数ブログを作ることができます。

Cocoon(コクーン・WordPressテーマ)でAdSenseを始める方法

Cocoon(コクーン)はシンプルな100%GPLのWordPress無料テーマです。SEO、高速化、モバイルフレンドリーに最適化されています。Cocoon(コクーン)はアフェリエイト向きといえ、広告を貼ることに注力されている無料テーマです。