AdSenseを運用するのに利用したいプラグイン

WordPressでAdSenseを運用するのに利用したいプラグインの記事を取りまとめています。広告コードを貼り付ける、広告を最適化してくれるなどのプラグインがあります。

GoogleAdSense関連のプラグイン

AdSense Invalid Click Protectorでアドセンス狩りから守る

AdSense Invalid Click ProtectorはAdSenseの無効なクリック、Google AdSenseアカウントを通常とは異なる無効なクリック操作やクリック爆弾から保護するのに役立ちます。

Advanced AdsはAdSenseの広告コードを貼りつける

Advanced AdsはAdSenseやアフィリエイトの広告コードを貼りつけることができるWordPressプラグインです。

Head, Footer and Post InjectionsでAdSense審査コードを記述

Head, Footer and Post InjectionsはGoogle AdSense 審査コードを貼りつけれるプラグインです。

Wp-InsertはAdSense等の広告コードを挿入

Wp-Insertは、記事に広告コードを挿入できるWordPressプラグインです。

Google AdsenseはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。そして、Googleが提供する広告管理・運用サービスのことです。Google Adsenseを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり違反してしまうと場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でAdsenseにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → 広告ユニットごとのタブで確認できます。

関連記事

AdSenseを掲載することができる無料ブログサービス

アフィリエイトで収益化を考えるとき、ブログサービスの利用も手段の一つになってきます。しかし、アフィリエイトそのものが禁止されているものや、制限がかかっているサービスも多くあります。

ポリシー違反を回避するGoogle Publisher Toolbar

AdSenseはマイサイトの修正確認だとしても、一定数以上ページを開いてしまうと無効なトラフィックとされてしまい広告停止が発生してしまいます。

AdSenseの広告配信の停止・制限への対処方法

AdSenseに無効なトラフィック(アクセス)と判断された場合、広告配信が停止されることがあります。

Google AdSense 審査の申し込み方法

Google AdSensの申し込み方(法人の場合)です。Google AdSensを申し込むには最初に必要なものがあります。