AdSenseを掲載することができる無料ブログサービス

アフィリエイトで収益化を考えるとき、ブログサービスの利用も手段の一つになってきます。しかし、アフィリエイトそのものが禁止されているものや、制限がかかっているサービスも多くあります。運用を開始する前にサービス内容を熟読してからスタートするようにしましょう。

無料ブログサービス

日本国内で提供されている無料ブログサービスでAdSenseを掲載することができるか否かの一覧です。

ブログサービス URL AdSense
Blogger https://www.blogger.com/
FC2ブログ https://blog.fc2.com/
FC2.comから直接登録
livedoorブログ http://www.livedoor.com/
Hatena https://hatenablog.com/
JUGEM https://jugem.jp/
ココログ https://www.cocolog-nifty.com/
note https://note.mu/ ×
yaplog! https://www.yaplog.jp/ ×
Seesaa http://blog.seesaa.jp/
忍者ブログ https://www.ninja.co.jp/blog/
ウェブリブログ https://webryblog.biglobe.ne.jp/
Tumblr. https://www.tumblr.com/

AdSenseを導入しようとしても、そのブログサービスでAdSenseが禁止されていれば導入ができません。アフィリエイトであっても、特定のアフィリエイトしか使うことができなかったりと、意外にも制限があるブログは多く存在します。ブログサービスを選ぶポイントとして以下のものがあります。

  1. スマホに対応している
  2. ブログサービスが出している広告を非表示にできること
  3. 独自ドメインが使用できる

GoogleAdSense

Google AdsenseはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。そして、Googleが提供する広告管理・運用サービスのことです。Google Adsenseを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり違反してしまうと場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。

  1. 「広告」か「スポンサードリンク」の表記がない
  2. ファーストビューが広告で占められている
  3. 他のコンテンツと広告が重なっている
  4. ユーザーが誤クリックする位置に設置する
  5. ポップアップに広告を表示する
  6. スクロール追従で広告を表示する
  7. 規定数以上の広告を設置する

広告の種類にも注意しましょう。自動広告でAdsenseにおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

  • ディスプレイ広告
  • インフィード広告
  • 記事内広告

メニュー → 広告 → サマリー → 広告ユニットごとのタブで確認できます。

AdSenseに関連する記事

Seesaa(無料ブログサービス)にAdSenseやアフィリエイト広告を掲載する

Seesaaは、まとめブログやアフィリエイトなど複数のブログを一つのアカウントで管理できる無料ブログサービスです。また、シーサー提供ドメインはSSL対応済みで安心して利用できます。

Tumblr(無料ブログサービス)にAdSenseやアフィリエイト広告を掲載する

Tumblrは文章や画像だけでなく、動画や音声など幅広い種類のメディアを投稿できる「メディアミックス・ウェブログ・サービス」です。AdSenseの設置はできますが、テーマの編集ができることが前提なのでハードルが高いといえます。

Hatena Blog(はてな・ブログサービス)にAdSenseやアフィリエイト広告を掲載する

はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです。 「はてなブログPRO」を600円 / 月を利用すると広告を非表示にでき、独自ドメインにも対応することができます。合計10個までの複数ブログを作ることができます。

Cocoon(コクーン・WordPressテーマ)でAdSenseを始める方法

Cocoon(コクーン)はシンプルな100%GPLのWordPress無料テーマです。SEO、高速化、モバイルフレンドリーに最適化されています。Cocoon(コクーン)はアフェリエイト向きといえ、広告を貼ることに注力されている無料テーマです。