ホームページでアクセスアップをするWordPressのmeta description

meta descriptionをなるだけ多くのページに記述しキーワードを含めることをGoogleは推奨しています。一時期はキーワードを含めることでランキングで優位になるとされていましたが、Googleからは現在は効果がないことが公表されています。しかし、meta descriptionは検索結果のスニペットとして表示されることが多く、アクセスアップのためにも最適化しておくことは重要なことです。では、meta descriptionを記述しないとどのようになるのでしょう。Googleは自動的にコンテンツから抜粋してキーワードに関連する文章を表示します。ディスクリプションは検索結果のスニペットとして利用されているのでユーザーが読みたくなる文章にすることも大切です。

meta descriptionとは

meta descriptionとは、ソース内のhead部分に下記のように記述された部分を示します。検索エンジンにページがどのような内容を持っているのかを伝える役割をしています。

<meta name=”description” content=”ページの紹介文”>

また、ディスクリプションは検索エンジンの検索結果にて「タイトル」の下にスニペットとして表示されます。ディスクリプションは、60文字~256文字前後でわかりやすくします。そして、コピーは厳禁です、全ページ異なるディスクリプションを記述するようにします。コピーは重複コンテンツとみなされ、検索エンジンに評価を落とされてしまいます。オリジナルのしっかりとした説明文を記述します。サーチコンソールで重複を確認することができます。注意点はテーマやSEO関連のプラグインを導入することにより、ディスクリプションが重複してしまったりすることもあるのでソースを確認は欠かせません。

Googleのスパムチームの Matt Cutts 氏がブログでディスクリプションについて説明しています。

「Meta description(ディスクリプション)」が各ページ個別化していることはもちろんいいし、なんならMeta description(ディスクリプション)が重複しているよりも入っていないほうがマシだ。事実、僕(Matt Cutts 氏)のブログもMeta descriptionは入ってないしね。 Google Webmasters – YouTube

本来の meta description(ディスクリプション) の役割は、検索結果に概要を伝えることです。descriptionが重複するくらいなら入れないほうが良いといっていますが、そうなると検索結果のサイト概要は何が表示されるのでしょう。答えは「descriptionが重複するくらいなら、Googleがサイト内の情報から作成する自動スニペットに任せたほうがよい」といっているようです。

descriptionは検索エンジンによっても取り扱いは異なります。上記はGoogleに対して現在適応されるものと判断してください。今後Googeleにおいても取り扱いの変更は十分あり得ます。descriptionは、Googleなどの検索エンジンで検索結果のスニペットとして引用される部分で、SEOでは重要視されています。WordPressでは抜粋として各ページに設定できるようになっていますが、入力しなくても自動的にページの先頭部から作成されます。(注意点は記述によってはキーワードの詰め込みになってしまうことがあるので、抜粋に適切な文章でdescriptionを記述することをお勧めします。)

descriptionをアクセスアップに利用したいならスニペットに採用された場合にこのページを読みたいと思ってもらえるような文章にすることです。キーワードは自然に2・3個は入ってくることだと思うのであまり意識しないほうがいいかもしれません。

ホームページ最新記事

Food Express(WordPressテーマ)で飲食店のホームページを作成

Food Expressのホームページ作成を代行します。Food Expressはレストランや食堂などの飲食店向けのWordPressテーマ(テンプレート)です。無料版と有料版のPROバージョンが配布されています。海外のテーマなのでダッシュボードは英語表記になっています。

WordPressのホームページがGoogleの自動ペナルティを受けたときの対処

ホームページがGoogleの自動ペナルティを受けた時の対処について書いています。ブログなどで記事が多くなってくると知らないうちにGoogleの自動ペナルティを受けてしまうことがあります。記事を書いてもアクセスが伸びなくなってしまうのです。

飲食店や塾・病院・士業のホームページはローカル検索に対応しておく

ローカル検索は、飲食店、塾、パソコンスクール、病院、士業など、地域密着型の店舗にロカール検索から集客することができるようになります。最近ではスマートフォンなどで検索されることが多くなり、店舗サイトの集客を伸ばすには対策しておきたいものです。

ホームページを使って集客をすることが向かない商材

ホームページで集客をする方法は一般的にリスティング広告等のWEB上の媒体に広告を出す、WordPressのホームページをSEO(検索エンジン最適化)により検索結果での順位を上昇させ露出多くするなどがあります。また、SNSによる拡散効果を狙うものや固定顧客へ…

関連記事