広告の種類にも注意しましょう。自動広告でおまかせしておくこともできますが、自分で選びたい場合は下記の中から選ぶこともできます。

ディスプレイ広告広告万能型のレスポンシブタイプの広告で3つのパターンがあります。

1.スクエアは四角の広告
2.横長タイプは横に細長く記事のトップなどに適している
3.縦長タイプは縦に長くサイドバーに適しています。
インフィード広告記事内に自然に溶け込む形の広告で収益化が最も出やすいといわれています、ディスプレイ広告と併用しておきたい広告です。
記事内広告段落と段落の間に挿入される広告、文字やレイアウトフォントは自動で調整され、任意の位置に設置でき便利なものです。
関連コンテンツおすすめ記事と一緒に掲載する形、記事下で利用するユニットで収益効果は高め
検索エンジンGoogleの高機能な検索エンジンをサイト内検索で使用できる
自動広告ブログにコードを掲載すればあとは自動で最適化してくれます。初心者のかたにおすすめといえます。
アドセンス広告の種類

広告を掲載し始めたら以下のことは厳禁です。

  1. 自分で広告をクリックしてはいけない
  2. サービスの詳細を自分のブログなどで公開してはいけない
  3. 不適切なコンテンツへの掲載(タバコ・アルコール・ギャンブル・ヘルスケア等)
  4. しないといけないこと、AdSense狩りに備えておく

アドセンスでは無効なトラフィックにも注意しましょう。Google AdSenseでは、『無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。』と定義されています。

自分でページを開くことはもちろん、友人や家族による閲覧も時には無効なトラフィックとされることがあるので注意が必要です。AdSenseに無効なトラフィックと判断されると広告掲載が停止されたり、アカウントが停止されてしまうことがあります。

AdSense規約違反の場合は警告が表示されたりしますが、自分のサイトをうっかり開きすぎたりしてしまったような軽度の場合には何も警告されないことが多いようです。このような場合には何もしなくても一定期間後に広告掲載が再開されます。

アドセンスではオート広告の機能が提供されています。この機能を利用すれば、自動で広告を表示してくれるのでコンテンツ作りに集中することができます。

  • 機械学習を使用して広告が自動的に最適化される
  • Googleに広告掲載の処理を任せ、利用規約に簡単に準拠
  • テキスト&ディスプレイ広告、インフィード広告、イン記事広告、一致コンテンツ、アンカー広告、ビネット広告を最適なタイミングで自動的に表示
  • Webサイトにすでに掲載されている広告コードは考慮されるため、競合は発生しない
  • ページレベルの広告は自動広告に移行されているため、ページレベルの広告で機能する