Lightningはビジネス情報にアドセンス広告で収益化できるテーマアドセンスの収益化にLightningをおすすめします。このテーマは株式会社ベクトルが無料で配布しているものです。特徴は同時開発されている無料の多機能プラグイン「VK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)」、今時のビジネスサイトやブログを作る上で必要な機能を網羅、併せて利用する事によって、コーポレートサイトやお店のホームページ、ブログなど簡単に構築する事ができます。
Twenty Seventeen (WordPressテーマ)にアドセンス広告を掲載するTwenty Seventeen にアドセンス広告を掲載する方法と注意すべきことです。アドセンスはサイトをGoogleの審査を受けて、認められれば広告を載せるようにできるものです。アドセンスを始めるとき注意したいのはアカウントは原則一人一つまでしか取得できないこと、「利用規約」や「プログラムポリシー」などがあり、違反してしまうと、場合によってはアカウントの停止になって、収益を確保できなくなってしまうこともあります。
Fukasawa(WordPressテーマ)にアドセンス広告を掲載するFukasawa の特徴はブログトップページの記事一覧表がリスト表示ではなくタイル(石積み)表示されることです。興味を引く写真など掲載し、ブログのPVを多くすることができればアドセンス広告に有利にはたらくかもしれません。
SiteOrigin Unwind(WordPressテーマ)にアドセンス広告を掲載するSiteOrigin Unwind にアドセンス広告を掲載する方法です。ウィジェットは、Sidebar,Footer,Masthead(ページ先頭部のヘッダーナビゲーション下コンテンツを配置できる)の3カ所になっています。Sidebar にメニュー等を配置すると2カラムで表示されます。Masthead はページ先頭領域にコンテンツを配置できるので広告を目立たせることも可能になります。
Twenty Minutes(WordPressテーマ)にアドセンス広告を掲載するTwenty Minutes にアドセンス広告を掲載する方法です。デフォルト機能が組み込まれているため、設定は非常に簡単です。また、人気プラグインや最新バージョンとも互換性があります。モダンで豪華、エレガントで、レスポンシブデザインで、ページの読み込み時間が短縮されています。
アドセンスに利用したいテーマ